Cymatics × San Holoから音楽制作を学ぶ!

皆さんこんにちは!
先日、Electronic Music系統のサンプルでお馴染みのCymatics社がSan Holoとの対談を公開しました。
EDCやTomorrowlandなど、名だたる世界のフェスティバルでメインアクトを務める彼が音楽制作への取り組みの姿勢について話しています。
 
今回は、Cymaticsの共同創設者であるSteven氏(@stevencymatics)のInstagram投稿を引用し、その内容をご紹介していきたいと思います!
 
 

San Holoから学んだ3つの音楽制作TIPS

 

“以下は、私がSan Holoを知ることで得た3つのことです。
彼の楽曲制作のプロセスは、どんなプロデューサーにとっても価値のあるものだと思います。”
 
 

1.音楽をシンプルに
 


“Sanの音楽は実に信じられないほどにシンプルです。しかしそれがそれほどうまく機能する理由でもあります。
彼は音楽に多くの要素を追加することはありませんが、彼が取り入れる音には非常にインパクトがあります!”
 
 

2.サウンドの選択は、ユニークさを求める上で重要
 


“Sanは必ずしも最高品質のサウンドを探しているわけではありません。
彼は殆どのプロデューサーが悪いとさえ言いそうな風変わりなローファイのサウンドが大好きです。しかし、そう言ったサウンドを追加していくことが彼の音楽をユニークにしているのです。”
 
 

3.楽器の演奏を習得すると、音楽に大きな効果が得られる
 


“Sanがギターやキーボードからトラック全体を作っているのを見るのは感動的でした。
私のトラックの殆どはMIDIで描くことから始まりますが、スタジオでSan Holoを見た後は楽器の演奏を理解することから多くの魔法が生まれることに気付きました。”

 
どのポイントもとても重要なことですよね!
音楽制作のプロセスは誰しも自分の中で定番化していくものだと思いますが、そんな中で薄れていく意識を思い起こさせてくれる内容のように感じました。
 
例えば音楽をシンプルにするという意識は、迫力あるサウンドを追い求めるダンスミュージックにおいて真逆のアクションをとってしまう方も少なくないかと思います。(これは僕自身に言っています。笑)
 
僕はこれまで当然のようにクオリティの高いサンプルを選ぼうとしていましたが、普段の自分なら絶対に選ばないものを敢えて切り捨てることなく取り入れることによって、新しい自分を発見するきっかけになるのでは!?
 
最後に、楽器を弾けない僕にとって3つ目のポイントは自身の潜在的な可能性を広げるもっとも重要なことだと感じました。
MIDIは作曲に革新をもたらしたことは間違いありませんが、楽器を奏でることで生まれる音楽は何よりも直感的ですし、音と素直に向き合うことが出来ますよね!
 

最後に

 
こんな素晴らしいセッションを実現してくれたCymaticsとSan Holoを是非とも皆さんもフォローしてください!
 
Cymatics @stevencymatics @drewcymatics

 
San Holo @sanholobeats

 
GINPEI

飛び道具”テープストップ”

   
みなさん、こんにちは!
一気に暑くなってきて、いよいよ夏を感じてきましたね。

  

今回は、Logicの機能を使って、飛び道具的に使える「テープストップ」のやり方をご紹介します。

テープストップとは、レコードを止めた時に生じるサウンドエフェクトのことです。

ぴたっと止まるのではなく、再生速度を落としながら止まります。

文字だけではわかりずらいと思うので、どのような効果のサウンドなのか聴いてみましょう。

  

  

最後のところのサウンドです。

聴いたことがあるエフェクトですよね。

テープストップなしの場合、以下のようになります。

  

  

テープストップなしのままでもいいかんじですが、

何かひとつほしいな、というときは、テープストップを試してみましょう。

  

  

  

では早速、テープストップのやり方を説明します。

このテープストップは、オーディオファイルのみに使用できる機能で、

MIDIの場合は、オーディオファイルに変換する必要があります。

  

使用した音源は画像のような、MelodyとDrumのふたつのオーディオファイルで構成されています。

Melodyのオーディオファイルに、テープストップをかけてます。 

  

  

  

1 – テープストップをかけたいリージョンを選択します。

  

  

  

2 – 左上のリージョンという文字の隣「▶︎」をクリックし、開きます。

  

     

           

3 – その中の「詳細」を開きます。

  

  

  

4 – 「フェードアウト」いう項目を、「速度ダウン」に変更します。

  

  

  

5 – その隣の数値を変更して、テープストップの効き具合を調整します。

サンプル音源は、数値を「400」に設定しています。

  

  

  

オーディオファイルの右側がオレンジになったのがわかります。

これで、テープストップ効果を得ることができました。

  

  

ちなみに、「速度ダウン」に変更せず、「フェードアウト」のままだと、

単純にボリュームを下げる効果になります。

その場合、オーディオファイルの右側は白くなります。 

  

  

このテープストップは、オーディオファイルのリージョンの始まりと終わりに使用することができます。

例えば、2小節目のところにテープストップをかけたい場合、

かけたい2小節目のところで、オーディオファイルを分割する必要があります。

  

  

「フェードイン」のところも同様に「速度アップ」に変更すれば、

徐々に速度が速くなりながら再生される効果を得られます。 

  

実際に、「速度アップ」、「速度ダウン」を使ってみました。

  

  

設定は、

Melodyの左のリージョンが「速度アップ:なし、速度ダウン:100」。

右のリージョンが「速度アップ:500、速度ダウン:400」です。

    

  

  

いかがだったでしょうか。

このテープストップをアイディアとして持っておくことで、

曲中のスパイスとして使用ことができ、ひとつの武器として活躍するはずです。

  

  

  

RYOTA

MIDIキーボードの選び方!

皆さん、MIDIキーボード使ってますか?僕は使っています!
でも、初めてMIDIキーボードの購入をする時はとても悩んだのを覚えています。
というのも、当時の僕はピアノなんて全く弾けず(今も大して弾けませんが…。)、そもそも本当に必要なの?別に無くても作曲できるよね?でも海外のプロデューサーのスタジオには必ず置いてあるし…。という自問自答の無限ループでした。
 
というわけで今回は、そんな若かりし頃の僕のような悩みを抱えている方のためのアドバイスとなるようなMIDIキーボードの選び方について書いていきたいと思います!
 

MIDIキーボードとは何か?

 
そもそもMIDIキーボードって何なんでしょう?
作曲を始めた当時の僕は、「シンセサイザー」と「MIDIキーボード」の区別がつきませんでした。
 
もしあなたがLogic Pro XなどのDAWソフトを持っていれば、大抵の場合それには「ソフトウェアシンセサイザー」というものが内蔵されています。
そのソフトウェアシンセを立ち上げたコンピュータにMIDIキーボードを接続すると、シンセの音をMIDIキーボードの鍵盤で奏でることができます。
 
ちょっとややこしいですね。まとめると、
自ら音を発するのが「シンセサイザー」で、
その音を奏でるためのコントローラ的な存在が「MIDIキーボード
という感じです。
 

シンセサイザー

鍵盤があるので演奏もできますが、シンセサイザーというのは自らが音を出す楽器なので、音作りのためのつまみやフェーダーがたくさんついています。
そのため、お値段も往々にしてお高めです。
 

ソフトウェアシンセサイザー

そんなシンセサイザーも時代の流れに従ってどんどんコンパクトになり、今や画面の中(DAWソフト上)で操作するソフトウェアのシンセサイザーが主流となっています。
ちなみに画像は、現代のダンスミュージックの制作に必要不可欠と言えるソフトウェアシンセサイザー、Xfer RecordsのSERUMです。
 

MIDIキーボード

そんなソフトウェアシンセサイザーの音を自由に奏でることができるのがMIDIキーボード。
直感的に音を操作することができるので、作業効率はずっと上がります!
マウスでカチカチと画面上の鍵盤を押して各音を確かめることでももちろん作曲はできますが、やはり直接的な音へのアプローチができるこのようなコントローラを持っていると、アイデアを形にしていくことが定着しやすいです。
 

MIDIキーボード選びのポイント

 
かく言う僕は、今でもピアノの演奏など大して出来ない”MIDIキーボード使いこなせてない男”ではありますが、MIDIキーボードの導入を悩んでいる方で僕のようにピアノ演奏に自信が無い方は結構多いのではないでしょうか?
「ピアノ弾けないのにキーボード必要かな?」的な感じで。
 
でも、そんな僕だからこそのキーボード選びのポイントがいくつかありますので、以下でご紹介していきます!
 

鍵盤数

 
MIDIキーボード選びで最も多く、そして最初に悩むであろうポイントは「鍵盤数いくつにしよう?」だと思います。僕も非常に悩みました。
製品によって様々な鍵盤数で展開されていますが、一般的には25、37、49、61、88鍵の5種類です。
 
まず、ピアノの経験が豊富で、スラスラと演奏もできるというわけでは無い方の場合、88鍵は候補から除外して良いかと思います。
大は小を兼ねるとは言いますが、88鍵盤はデスクに置くのにもさすがに「大過ぎる」と思ってしまう場合がありますので。笑
 
一方、「この際だから演奏の練習もしたい!」もしくは、「少しは弾けるし両手でも演奏したいなー」と思っている方は、25鍵盤は候補から外れるかなと思います。
しかし!25鍵盤の良いところはその鍵盤数の少なさにあるのも事実です。鍵盤数が少ない分サイズがコンパクトなので、ラップトップの傍に置いといて「ちょっと音を確認」が出来るんです。
また、25鍵盤しか無くともMIDIキーボードにはオクターブキーと言うものがあるため高い音も低い音も出す事ができます。
 

 
随分と少ない鍵盤数を贔屓している感じになってしまっておりますが、僕自身は49鍵のMIDIキーボードを使用しています。笑
理由は、ある程度両手で弾きながら音を確かめたいからです。
 

鍵盤の感触

 
キーボードの鍵盤の感触は3種類あり、軽いタッチ感のものから順にライトウェイト鍵盤、セミウェイト鍵盤、ピアノタッチ鍵盤があります。
ピアノタッチ鍵盤は、ピアノと同等の感触になっています。
鍵盤数の多いものはピアノタッチ鍵盤が採用されているものも多いですが、MIDIキーボードの多くはライトウェイト鍵盤となっています。
 

 
出来れば購入前にお店で打感を確認しておきたいところです。
 
 

最後に

 
僕はDTMを始めてからの1年間ほど、「MIDIキーボード無くても全然余裕だな」と思っていました。買うお金がないから強がっていたのでは無く、当時は本当にそう思っていました。笑
ですが、ピアノが弾けない僕でもMIDIキーボードを導入してからは直感的に作曲を出来るようになったので、やっぱり買って良かったと思っています!
 
そして、こういったハードは自分に合うかどうか使ってみないとわからないし、使い続けて初めて自分に馴染む部分もあると思うので、まずは失敗を恐れず予算に見合ったものを購入してしばらく使ってみてほしいなと思います!
 
MIDIキーボードを買う際の参考になれば嬉しいです!
 
 
GINPEI

実践で使えるリミッターをオススメします!

初めまして!

当スクール講師のAZUMAIです。
 
今日のブログで初めて、記事を掲載させていただくのですが、
少し私の紹介と実際に音楽を作っている私だからできる、音楽制作のアレコレをご紹介できればと思います!

 
 

私のご紹介から!(こちらは飛ばしていただいても構いません笑)
TLOCという名義でドラムンベースを作ったり、DJ AZUMAIという名義でEDMのDJをしたりしています。
 
個人的にはサウンドデザインやミキシングを得意としています!

まずは私の楽曲から、この間Pendulumのリミックスコンテストに出した曲をどうぞ!
 

ドラムンベースのレジェンドといっても過言ではないPendulumの曲をリミックスしてみました。
 

 
どうでしたか?もしよければ感想をコメントに書いていってくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そしてここからが本題!

リミッターのご紹介です。

え?リミッターって何?

もちろん、ご説明しましょう。

リミッターとは、音量を一定のレベル以下に抑えることを目的として使われる音響機器・ソフトウェアプラグインです。コンプレッサーの親戚ですね。
 

自分で作った音楽を実際にスピーカーから鳴らしてみた時に、一定以上の音量が出てしまうと、

「割れる」という現象が起こります。ガビガビっていう音が入っちゃう感じですね。

それを抑えるのがリミッター、出すぎた音の分だけ鳴らないように抑えてくれます。
 
一番最後の工程、マスタリングでも一番最後にやる工程です!

楽曲制作はもちろん、マッシュアップやエディットを作った時に、

マスターアウトにリミッターを入れてあげるだけで、ある一定以上の音量は上がりません。
 

それどころか、今のクラブミュージックには欠かせない「音圧」もしっかり上げてくれますよ!

というわけで、楽曲作ってて実際にDJで使ってみて、お客さんの反応を見てあげたいな…
という時にはマスターにリミッターを入れてあげることで、お試しマスタリングができちゃいます~

 
 

それでは!

往年の人気プラグインから、最新プラグインまで、ソフトウェアプラグインのご紹介です!

 
 
 
 

1.L2 Ultramaximizer

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ミキシングやマスタリング工程で数多くのプラグインが使われている、Waves社から出ているリミッターです。

 
Waves製というだけあって、しっかり音圧を上げてくれるので、重宝しています。

 
THRESHOLDを下げて、ATTENの数値が上がってくると、ちょっとずつ音が割れていきます。

 
割れすぎは良くないですが、曲調によっては少し音が割れている感じがかっこいい!と思う人もいらっしゃるようです。

 
普通に買うと299ドルするので、セールを待って購入しましょう~!

購入はこちら

 
 

2.DeeMax

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本のプラグインメーカーDOTEC AUDIOから出しているリミッターです。
マキシマイザーと書かれていますが、基本的に同じと思ってよいでしょう。

特筆すべきなのは、操作がどシンプル!ゴツいレバーを上に上げるだけ!笑
なんということでしょう、匠により音圧のレベルが素晴らしいことになりました。

リミッターのかかり方としては、音圧はもちろん、アグレッシブさが感じられるかかり方ですね。
EDMや激しい曲には向いています、きれいめやおとなしい曲にはちょっと向いていません。
 
ですが、一つ一つの音を強調させるために、ドラムスやシンセなどのチャンネルにかけてあげる、
という技もできちゃったりしちゃいます。

購入はこちら

 
 

3.Invisible Limiter

こちらも日本のプラグイン制作会社A.O.M.から出しているリミッターですね。
 
私の1番のおすすめ!何にでも使える一番素直なリミッターです。
 
とにかくクリア、この音圧まであげたのによく音割れしないな、と思うほどです!
 
制作の段階でしっかりミキシングを意識したプロジェクトの組み立て方をすると、
とてもきれいに上がってくれます。

紹介にも書いている通り、
「Invisible Limiterを使うことで、サウンドが損なわれるのを最小にしたまま、必要なだけ音量を上げることができます。Invisible Limiterは、オリジナルとリミットされたサウンドの差を最小化するように動作します。」
  だそうで、このプラグインの一番の売りです。

これはマストバイ!
購入はこちら

 
 

というわけで、今回はリミッターの紹介でした。
 
感想はぜひコメントで書いてください!
また、他にどのプラグインがオススメか知りたいものがありましたら、こちらもぜひコメントに!次回ご紹介しますよ~

 
 
 

ありがとうございました!
 


MPC講師AZUMAI

SoundCloudに登録しよう

みなさん、こんにちは。

昨日今日と、EDC Japanが開催されていて、

日本のダンスミュージックファンの間では、盛り上がりをみせていますね。

EDC Japanは、Ultra JapanやS2Oなどとはまた違い、

装飾や演出が華やかで、とても素敵なフェスです。

まだ行ったことがない方は、

来年、あるいは今日、行ってみてはいかがでしょうか。

アフターパーティーも行われるようなので、

今夜のクラブイベントをお探しの方もぜひ!

 

 

 

さて、今回は、SoundCloudという音楽配信サービスの登録方法、

オリジナルトラックなどのアップロード方法をご紹介します。

 

 

自分のオリジナルトラックが完成した時は、みなさんはどうしていますか?

iPhoneやスマホに入れて、自分で聴いたり、友達に聴いてもらったりすると思います。

それだけでもいいのですが、せっかくなので、

多くの人たちに自分の音楽を聴いてもらいたいですよね。

 

 

そこで、SoundCloudを使用しましょう。

SoundCloudは、世界中で利用されている音楽配信サービスで、

特にEDMなどの、ダンスミュージックが充実しています。

大手レーベルや有名アーティストから、まだ名も知られていないプロデューサーが、

様々な楽曲を配信しています。

多くの人たちにとって、SoundCloudは、音楽プレイヤーとして機能がメインですが、

自分のオリジナルトラックなどをアップロードでき、

不特定多数の人たちに、自分のトラックを聴いてもらうことができます。

 

   

     

それでは、登録方法をみていきましょう。

まず、インターネットで、「soundcloud」を検索します。

このリンクをクリックします。

 

 

次のページで、「Sign up for free」「Create account」から、アカウントを作成します。

 

 

アカウントの登録は、

・Fakebookアカウント

・Googleアカウント

・メールアドレス

を選択し、登録できます。

「Fakebookアカウント」、「Googleアカウント」で登録の場合は、

それぞれのログイン方法と同じです。

今回は、メールアドレス登録を解説します。

「Continue」をクリックします。

 

  

登録に、実名・住所・クレジットカードなどの情報は不要で、

メールアドレス、パスワード、年齢、性別だけで登録できます。

 

 

 

それぞれの入力ができたら、「Continue」をクリックしましょう。

 

 

最後に、SoundCloud上でのニックネームを入力して、

「Get started」をクリックすれば、アカウント登録完了です。

楽曲は、検索などして、簡単に聴けますので、

いろいろ試して聴いてみてください。

 

そして、楽曲のアップロード方法です。

上のバーにある「Upload」をクリックします。

 

 

アップロードする楽曲を、「ドラッグ & ドロップ」

あるいは、「or choose files to upload」をクリックして、

アップロードしたい楽曲を選びます。

Privacyのところは、「Public=公開、Private=非公開」です。

  

 

楽曲タイトル入力や楽曲のジャケットを選び、「Save」をクリックし、アップロード完了です。

 

 

「Public=公開」設定にすることによって、世界中の人たちに聴いてもらうことができます。

 

 

楽曲が完成したら、そこで終わらず、いろんな人に聴いてもらえるよう、

こういった音楽サービスをうまく利用していきましょう。

 

 

 

RYOTA

Logic Pro Xでボーカルをレコーディングしましょう

春といえば、音楽。音楽といえば、ボーカルです。
 
今回は、Logic Pro Xに自分の声をレコーディングする方法を出来るだけシンプルに解説していきます!
 
 
 

自分の声をレコーディングする

  
 
Logic Pro X上で、自分の声を録音するには、まずオーディオトラックを作成します。
 
 
 
MIDI打ち込みの時はソフトウェア音源ですが、生の音をレコーディングする際はオーディオを使用します。
 
 

 

1.トラックのRecボタンを点灯させる

 
このボタンを点灯させておくことで、トラックに音声が入力されるようになります。
マイクに向けて声を出した時にボタン右側のレベルメーターが反応していればOKです。

もしこんな表示が出たら、次の2を先に行なって下さい。

 
 

2.インプットチャンネルを設定する

 
ここは、入力と出力の意味を理解していないとちょっと難しく感じるかもしれません。
 
今回のように、外で発した音(自分の声や楽器の音)がこのLogic Pro Xの中に取り込まれていく信号のことを、外部から内部へ「入っていく」という意味で入力信号と言います。
 
 
  
そんな入力信号の通り道は、接続しているオーディオインターフェースに付いている入力端子の数だけ用意されるわけなので、こんな感じでLogic Pro X側はいっぱいチャンネル数が用意されています。
  
例えば、マイクがオーディオインターフェースの「Mic(マイク)端子2」というようなところに挿さっていれば、「Input2」にすることで認識されます。
 
 
 

3.Recボタンを押す

 
これを押すと、レコーディングが開始されます。
 
 

 
 
ボーカルを綺麗に録るには

 
 
ボーカルの録り方はわかりましたね!
ここからは、出来る限りボーカルを綺麗に録音するための工夫を紹介していきます。
 
 

1.コンデンサーマイクを使用する

 
レコーディングに使われるマイクには、大きく分けて2種類に分けられます。
コンデンサーマイクダイナミックマイクです。
 

ライブで歌手が持ってるやつと違い、コンデンサーマイクはこのような形をしています。
 
コンデンサーマイクの方が感度が高く、息づかいなども含め繊細に収録することが出来るんです。
 
その代わり、周りのノイズも拾いやすいので、部屋の反響を抑える対策をとったり、レコーディングスタジオで収録したりといった工夫が必要ですね。
 
反響を抑えるには特殊な設備が必要だと感じるかもしれませんが、ベッドや本棚が吸音材の代わりになったりするんです!
 
部屋が物だらけなのを感謝する貴重な瞬間ですね。笑
 
 
 

2.マイクとの距離は10cm~20cm

 
マイクとの距離が近いことで、音像が近くなります。 
 
そうすることで、楽曲の中でもボーカルが他のサウンドに負けにくくなります。 
 
お気に入りのボーカルトラックをヘッドホンなどで聴いてみてください。
最近の音楽ならみんな、まるで目の前で歌ってるように近くに感じると思います。
 
それが「音像が近い」ということです。
 
 
 
 

最後に

  
 
自分の声を録るというのはなんとなく難しそうに思いますが、意外とシンプルなプロセスですよね!
 
ぜひ自分の声を録って音楽制作をしていきましょう!
 
 
GINPEI