コンプレッサーの種類

寒い日が続きますが、そろそろ冬も終わり、

真空管コンプを通したような暖かい春になりそうですね、こんばんは。

 

今回は、コンプレッサーの種類について、触れていきます。

コンプレッサーとは、その名の通り’圧縮’するプラグインで、

音量のバランスを整えるのが、主な用途になります。

 

また、音の変化が大きくもあり、整える以外にも、音作りの用途としても使われています。

現在、数え切れないほどのコンプがリリースされていますが、

その中で大きく分け、

代表的な [ VCA / FET / 真空管 / OPT ] を紹介していきます。

 

 

[ VCA ]

代表的な実機は、Solid State Logic G-Compがあります。

コンプくさくない(コンプレッサーがかかっていると感じにくい)

自然なかかり具合で、マスターやバストラックで多く使用されます。

 

 

[ FET ]

代表的な実機は、Universal Audio 1176。

DTMをやっていると一度くらいはみたことがありますよね。

他のタイプと比べ、速いアタックタイム設定ができ、

ドラムやパーカッションなどの

アタックがしっかりあるものへの使用が有効的です。

 

 

[ 真空管 ]

代表的な実機は、Tube-Tech CL1B。

通すだけで音(質感が)が変わり、積極的に音を変えたいときに、

使用するといい効果が得られる場合が多いです。

 

 

[ OPT ]

代表実機は、Warm Audio WA-2A。

速いアタックタイム設定ができず、ドラムなどにはあまり向いていません。

ナチュラルなかかり具合が得られるため、ボーカルなどによく使用されます。

 

 

 

今回は、代表的なコンプレッサー種類について紹介しました。

決まりや正解があるわけではないので、

このコンプはこのパートに使わなければならない、ということはないです。

各々の得意分野があるので、音の種類によって使い分ければ、

より良い効果が得られると思います。

使い所を見極めて、良い音作り、良いミックスダウン、

良い音楽を作っていきましょう。

 

 

 

RYOTA