Jay Hardwayの新しいスタジオ!②

今回も、前回に引き続きJay Hardwayのスタジオ紹介動画を紹介していきたいと思います!笑


この動画では、彼がスタジオで使っている機器だけでなくスタジオの環境に関することも紹介していますね。

プロの使用する機器を知ることは、自分のプロダクションスキルを上げることに活かすことができますが、それよりも大切なのはその使い方や使っている環境だったりします。

例えば、彼のようなトッププロが使用するスタジオモニターを使えばミキシングスキルが向上するかといえば勿論そうではなく、スピーカーの配置や、部屋の環境、リスニングポイントなどなど、自分の環境に適した使い方をすることが大切なんですね!


このスクリーンショットではちょっとわかりにくいですが、彼はモニターの下に敷いているスタンドも紹介してくれています。

彼は、実はこれは庭に使われるような石のブロックなんだよと言っていますね!
めっちゃ安いと言っています。笑


スピーカーを載せるスタンドとなるものがこのように重いものならば、スピーカーから出る音は吸収されます。

例えば、デスクに直接スピーカーを置いて作業をしていると、本来鳴っているサウンドとは”別の音”が一緒に聞こえている可能性が高いです。

この”別の音”の正体が、スピーカー自身からデスクに伝わった振動によって聞こえる音ということです。

そりゃあ、制作に関係ない音が聞こえていたら、プロアマ問わず作業は捗りませんよね!汗


これはSpinninやAxtone、Hexagonなどから楽曲をリリースしているProducer/DJのMatt Nashのスタジオです。

彼のように、そもそもモニタースピーカーをデスクには置かず、床から振動が逃げるようスタンドを立てているケースも多いですね!
僕もそうしています。

ちなみに、僕が(おそらく写真の彼も)使っているスタンドはこちらです!

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/157230/



こちらはPreSonusのMonitor Stationというモニターコントローラです。

モニターコントローラとはその名前の通り、モニターをコントロールするものです!笑

制作の最中、音量を変えたい時にいちいち左右それぞれのスピーカーのボリュームノブをいじるのは面倒臭いですよね?

そんな時に、スピーカーとオーディオインターフェースの間にこれが挟まっていると、とっても便利です!

彼は、ヘッドホンをこのモニターコントローラに接続しているようです。



さあ、次回はいよいよラストです!(まさかの3週跨ぎ。)

彼のスタジオの壁四方を囲む謎のグレーの物体について掘り下げてまいります!!


Jay Hardwayの新しいスタジオ!①


今日は、Martin GarrixやBassjackersとのコラボ楽曲で有名なJay Hardwayのスタジオ動画を紹介したいと思います!

この動画では、彼の音楽制作を支える様々な音楽機材をJay Hardway自らが紹介していますので、それを紹介したいと思います!!笑


彼の使用しているサウンド・カード。
これはFocusrite社のClarett 8Pre USBというものです。

日本ではオーディオインターフェースという呼び名で浸透していますね!


では、オーディオインターフェースとは何なのか?


オーディオ(音)インターフェース(接触面)、つまり音を接続する機械です。

なんのこっちゃですね。笑

簡単に言えば、コンピュータとモニタースピーカー、マイクやギターやMIDIキーボードなどを接続するための機器です。

オーディオインターフェースに関する記事も後日書いてみます!



そしてコンデンサーマイク。Aston Microphones AST-Spiritです。

コンデンサーマイクとは、ライブなどでボーカルの人が使っているアレ(ダイナミックマイク)とは違い、レコーディングに特化した種類のマイクのことです。

彼はこのマイクで自分自身の声をレコーディングして、ボーカルチョップのサンプルを作っていると言っていますね!



いよいよモニターです!

彼はこの新しいスタジオにしてからは左のADAM AUDIO A7Xをメインモニターとして使用しているようです。

彼にとっては、このモニターは簡単にミスを見つけることができると言っています。

ですが、以前から使っている右のKRK Rokit 6も参考に使用しているみたいです。

さすがJay Hardwayさん!
自分の作っている音楽をいろんな環境下でチェックすることはとっても大切ですからね!



次回ももう少し彼のスタジオの紹介を紹介していこうと思います!笑

KSHMRは全プロデューサーの味方!

EDMシーンにおいて唯一無二のアーティスト、KSHMRがサンプルパック「Sounds of KSHMR Vol.3」をついにリリースしました!

ダンスミュージックの制作に欠かせないサンプル。

そんなサンプル音源を総合的に扱っているサイトSplice SoundsからリリースされたSounds of KSHMR Vol.3は、KSHMRが監修するサンプルパックにおいて約2年ぶりのリリースとなります。


動画を見るだけで、彼がこの新しいサンプルパックにどれだけの力を注いできたのかわかりますね…!


Sounds of KSHMRはこれまで2度リリースされていますが、その度にEDMのムーブメントに多大なる影響を与えているといっても過言ではありません。

彼のリリースするサンプルパックは、まだ広く名を知られていない、いわゆるベッドルームプロデューサーだけでなく、DJ Magにランクインするようなトップのプロデューサーの楽曲制作にも広く利用されています。


クオリティの高い楽曲を作るために、クオリティの高いサンプル音源を使うことはとても重要ですが、そういった意味でSounds of KSHMR Vol.3はとても重要な音楽制作ツールとなり得ますね!



Sounds of KSHMR Vol.3のサンプル数は4000以上!?



毎回膨大な数のサンプル音源を配信している全プロデューサーのヒーロー、KSHMR。

今回は、1500以上のサンプル音源を配信したVol.2をはるかに上回る4723!

それもそのはず。Sounds of KSHMR Vol.3は5つのパッケージからなります。

・Drums
・FX
・Song Starters
・World Instruments
・Novelties


KICKやSNARE、CYMBAL系などのドラム音源。なんとこれだけで2000以上…。


SweepやRiser、Stabなど、楽曲に迫力を加えるFX音源。


これは凄い。インスピレーションを掻き立てられる壮大なループ音源。


その名の通り、世界の楽器音源。KSHMRらしいエスニックなサウンドがたくさん。






Sounds of KSHMR Vol.3はコラボも凄い!



Sounds of KSHMRにはKSHMRだけでなく、世界的に有名なプロデューサーが多数参加しています。

VIP Friends of KSHMRフォルダの中には、ZEDD、Hardwell、Nicky Romeroなど豪華なメンバーが名を連ねています!

彼らの提供するサンプル音源をチェックすれば、それだけで制作へのモチベーションも高まりますね!

減算EQってすごく大事!

音楽制作のミックスにおいて欠かせない作業の1つ「EQ」。

音の特徴を変化させ、音そのものの個性を強調したり、不要な要素を減らすことができます。

そんな便利なEQですが、「どうやって使えばいいんだ!?」
選択肢がありすぎて難しいですよね。


加算EQ VS 減算EQ



小難しい見出し…。まずは加算EQと減算EQの意味ですよね。


これが加算EQです。

周波数帯域のところどころを持ち上げています。

つまり、ブーストすることを加算EQと呼ぶわけですね!


一方、これが減算EQ。

加算の逆で、カットしたり周波数帯域の一部を減らしていますね。

見出しは釣りで、加算と減算のどちらが大事なのかを議論するつもりはありません。笑

大切なのは、目的を理解して取り組むことです!


減算EQのやり方



加算EQと減算EQ、どっちも大事です。

しかしながら、減算EQの方がちょっと難しく感じますよね。
いらない周波数帯域をどうやって決めればいいんだろう?とか!


まずはこんな風に、どこかの周波数をブーストします。

そして、音を鳴らしながら周波数を移動します。

耳障りな音が目立ったり、他のサウンドを邪魔しているポイントが現れたら、そこでストップ。

次に、そのポイントの周波数を下げていきます。

こうすれば、そのサウンドにおいて不必要な部分だけを消すことができますね!




最後に、僕が減算EQを大切だと思う個人的な理由を説明しますね!

まず、音楽は一つ一つのサウンドがいくつも集まって構成されていますよね。

でも、ひたすら音を詰め込み続ければ、いつか必ず何かの音が隠れて聞こえなくなったりするものです。

一つ一つのサウンドを、加算EQによってそのキャラを目立たせようとすれば、周波数帯域の大げんか祭り開催ですよね。


一方、減算EQは基本的に不要なサウンドを減らしたり、他のサウンドを邪魔する部分をなくすための行為なので、

「無駄を排除」&「相手思いやり」系アクションです。


一つの音楽にA、B、Cのサウンドがあるとします。

減算EQを使う人は、Aを処理するときにBとCの特徴も同時に意識することが当然になります。

それって絶対いいミックスになりますよね!


まとめ



やっぱ自分本位すぎてもよくないってことですね!

自分が最も輝けるポジションを理解しつつ、苦手とする分野を他の人がカバーしていくチームワーク。

そして、お互いがそれを理解し合う組織力。

素晴らしいですね。

僕は音楽の理想の形に、人間社会の理想像を悟りました。(暴走)

1 / 3123