Delayとは

今回は、Delay (ディレイ)について、学んでいきましよう、しょぅ、しょぅ。。


曲を作っていたり、DJをしていたり、

はたまた、音楽を聴く以外に、音楽にそこまで携わっていなくても、

「Delay」という言葉を聞いたことがありますよね。

Delayは、和訳すると「 遅らせる、遅れる」という意味があります。

電車などの交通機関が遅延しているときに、

電光掲示板などに英語で”Delayed”、

と書かれているのを目にしたことがある方も多いと思います。

待ち合わせに遅刻するときも”Delay”。

メールの返信が遅くなった時も”Delay”。

この「遅れる」というものが、音楽で使う”Delay”でも同じで、

「Delayをかける」、「Delayのプラグインを挿す」、というのは、

原音に「”遅れた”音を加える」、ということです。



シンセのプリセット(使いやすいようにあらかじめ設定してあるもの)などに、

最初からかかっているDelayをなんとなくで、そのまま使っている。

DAWを少しでも触ったことがある人には、あるあるですよね。

その”なんとなく”をしっかり理解できて、

Delayを使っていくことができたなら、今より少し楽しくなりそうですよね。



そこで、スネアの音にDelayをかけたものを用意しました。

早速、実際に聴いてみましょう。



まずは、Delayがかかっていないスネアの音を聴いてみましょう。




次に、Delayかかったスネアを聴いてみましょう。


原音(スネアの音)のあとに、遅れてスネアの音が鳴っています。

原音に対してどれくらい遅れて次の音が鳴るのか、

どのくらいの音量感で次の音が鳴るのかは、

設定できるようになっています。

今、聴いたDelayは、「1/2」の時間で遅れた音が加わる設定でした。

音符でいうと、

「1/1」 – 全音符

「1/2」 – 二分音符

「1/4」 – 四分音符

「1/8」 – 八分音符

「1/16」 – 十六分音符



この例だけでは、わかりにくいと思うので、

「1/4」「1/8」「1/16」という設定も聴いてみましょう。



Delay 「1/4」




Delay「1/8」




Delay「1/16」




実際に音を聴いてみると、Delayがわかりましたか?

今の設定では、原音のあとに、一回だけ遅れて音が加わっていますが、

“Feedback”のパーセンテージで、遅れて加わる音が調節できます。





Delay「1/8」, Feedback 70%




他にも細かな設定ができ、

この「Delay」は、ボーカルやギター、ドラムなど、

どの音にも使うことができます。

楽曲中に使わないことはほとんどない、

というくらい、使用頻度が高く、

また、楽曲の雰囲気作りや、クオリティの向上にも、

大いに活躍するプラグインです。

Delayを理解し、効果的に使って、より良い音楽を作っていきましょう。



RYOTA

キーを理解しよう!Final

さあ、いよいよキーを理解する回がFinalを迎えました。


いや、キーを理解することって本当はもっともっと奥が深いことなのでFinalなんてことはないのですが、一つの区切りだと思ってください…!


さあ今回は、キャメロットシステムの画像を参考に解説してきたキーのややこしいことあれやこれやの最後の3項目



・ABCDEFGの正体



・Flat & Sharpの意味



・○A、○Bの意味




スッキリ理解できるよう1つずつ仕留めていきましょう!





今一度、キャメロットシステムの画像を確認しましょう。

画像の中にはABCDEFGのローマ字が散りばめられていますね。


「F」 Minorとか「D」 majorとか。


これらの正体は、実は僕らに馴染みのあるドレミファソラシなんです。



正式には、


ABCDEFG = ラシドレミファソ


です!!


ん???


なんかスッキリしないですね。


僕らの馴染みの響きに合わせると、


ドレミファソラシ = CDEFGAB


こんな感じです!



「C」は「ド」です。「D」は「レ」。「A」は「ラ」で、「B」が「シ」。



ということですね!



なるほど、この画像は英語表記なんですね!



そして、僕らがよく聞くドレミはイタリア語という!ちょっとした雑学が得られました。

次は、Flat & Sharpの意味です。



Part2の記事で紹介させていただいた通り、FlatとSharpはそれぞれ、




Flat = 半音低い




Sharp = 半音高い




という意味でしたよね!




この「半音」という言葉がピンと来なさすぎですよね。なんか音楽用語感がすごい。




半音というのは、ズバリ、自分から見て隣にいる鍵盤のことです。

私にとっての二人の彼は半音上と半音下の存在です!



つまり、黒鍵盤だろうと白鍵盤だろうと関係なく、とにかく隣にいる音を半音と呼ぶわけですね!



ピアノの鍵盤で見ると、各鍵盤はこのように表現されます。



Cから見ればC#であり、Dから見ればD♭。



黒鍵盤に関しては、どちらとも呼べるということになりますね!



これ、意外と混乱するところなんですよね。



あるキー検出ソフトではA#と表現されるのに、別のソフトではB♭となる。

なんてことが。



これが僕を混乱させました!笑




でもこれで解決です!そう!どっちも正しい表現なんですね!




さあ、いよいよ未解決の項目ラストです!!!!



◯A、◯Bの意味とは?





これは結論から言えば、DJをやっていない方にはあまり関係がない項目かもしれません。





というのも、これはとりわけDJの方にとって便利な表記方法だからです!





1A = A-Flat Minor




7B = F Major





という意味です。そのまんまです。




なぜわざわざこんな表記が含まれているのでしょうか?




それは、DJについて少し知る必要があります。




DJの方が行うミックスと呼ばれるもの、曲から曲へかっこよく綺麗に繋いでいくアレですね。




アレって、曲と曲のキーの相性が良いとやっぱり素晴らしくかっこよく決まるんですよね!




良いミックスの条件は、必ずしもキーの相性が良いことだけではありませんが、とても重要な要素の一つです。




キャメロットシステムの画像自体、そんなDJの方のための相性キー早見表でもあります。





でも、観客の視線を独り占めし、フロアをロックしながらの選曲中にこの画像をいちいち見る訳にもいかないですよね。




となると、この画像のキーの相性を覚えておかなければいけません。





いやでも覚えるの大変!!!





そんな方は、楽曲のタイトルの頭部分にこの4Aとか11Bとかを記入しておくんです!





そうすると、フロアロックしてる最中でもDJはタイトルリストを見るだけでキーの相性を確認できます!!






「えーっと、今流してる曲は12Aか。じゃあ次は隣り合ってる11Aか1Aか12B、もしくは同じ12Aだったら良い感じの相性だな、よしこれかけよう!」






って出来るんです!!






めちゃくちゃ便利な表記!!





でもやっぱり、DJをしていない方にとってはあまり関係ない部分かもしれませんね。笑












いかがでしたでしょうか?





ちょっと長くなりましたが、これでこの画像の意味は全て把握できたのではないでしょうか!





キーについては、この話だけでは収まらないくらい音楽制作において大切な分野の一つなので、これからもお話ししていこうと思います!




ご覧いただきありがとうございました!





講師 ぎんぺい

Insert vs Send

ドラゴンボールZのオープニング曲「CHA-LA HEAD CHA-LA」の最初の
スネアのダブらせたようなDelayエフェクトはInsert?Send?
オッスこんばんは。



今回は、DelayやReverbのような空間系エフェクトを使用する際に、
「Insert (インサート)」にするのか、「Send (センド)」にするのか。
この話について触れていきましょう。



まず、Insertとは、そのチャンネルに直接プラグインを挿すことです。
画像のようにAudio 1のチャンネルにLogic Pro X付属のChromaVerbが挿してあります。





次に、Sendとは、Aux (オグジュアリ) トラックを作成して、そのAuxトラックにプラグインを挿すことです。
※Auxトラックとは、複数のトラックをまとめる補足的な役割のトラックのことです。
画像のように、Aux 1を作成し、Aux 1トラックにChromaVerbが挿してあります。
Aux 1のリバーブ成分をAudio 1の原音に混ぜて調節していきます。





Insertは、原音そのものに空間系エフェクトをかけます。
Sendは、AuxトラックにSendで送った空間系エフェクトを原音に混ぜます。



日本の音楽では、必ずと言っていいほどSendを使っています。
海外では逆に、Insertがほとんどです。
※ジャンルにもよるので一概にではありません。

日本で音楽を学ぶ際、この工程で「必ずSendで」と言われることがほとんどだと思います。
ここが海外のダンスミュージックの「音」に今一歩近くならない原因かもしれません。
特にEDMのようなサウンドでは、SendではなくInsertで空間系エフェクトをかけてみると、
急に「ぽく」なる場合が多くあります。
いまいち音の感じがうまくいかない時に、Sendを使った空間系エフェクト処理を行なっていたら、
Insertでの空間系エフェクト処理に切り替えてみてください。
より良い結果が得られるかもしれません。



楽曲制作のどの工程にも言えますが、どちらが正解、不正解はなく、必ずこの処理を、というものではありません。
もちろん、逆の処理方法で、いい結果を得られることもあります。
いろんな方法を試して、気に入るサウンドをみつけて作っていきましょう。

コンプレッサーの種類

寒い日が続きますが、そろそろ冬も終わり、真空管コンプを通したような暖かい春になりそうですね、こんばんは。

今回は、コンプレッサーの種類について、触れていきます。


コンプレッサーとは、その名の通り’圧縮’するプラグインで、音量のバランスを整えるのが、主な用途になります。


また、音の変化が大きくもあり、整える以外にも、音作りの用途としても使われています。

現在、数え切れないほどのコンプがリリースされていますが、その中で大きく分け、代表的な [ VCA / FET / 真空管 / OPT ] を紹介していきます。

[ VCA ]

代表的な実機は、Solid State Logic G-Compがあります。

コンプくさくない(コンプレッサーがかかっていると感じにくい)自然なかかり具合で、マスターやバストラックで多く使用されます。

[ FET ]

代表的な実機は、Universal Audio 1176。DTMをやっていると一度くらいはみたことがありますよね。

他のタイプと比べ、速いアタックタイム設定ができ、ドラムやパーカッションなどのアタックがしっかりあるものへの使用が有効的です。

[ 真空管 ]

代表的な実機は、Tube-Tech CL1B。

通すだけで音(質感が)が変わり、積極的に音を変えたいときに、使用するといい効果が得られる場合が多いです。

[ OPT ]

代表実機は、Warm Audio WA-2A。

速いアタックタイム設定ができず、ドラムなどにはあまり向いていません。ナチュラルなかかり具合が得られるため、ボーカルなどによく使用されます。

今回は、代表的なコンプレッサー種類について紹介しました。

決まりや正解があるわけではないので、このコンプはこのパートに使わなければならない、ということはないです。

各々の得意分野があるので、音の種類によって使い分ければ、より良い効果が得られると思います。

使い所を見極めて、良い音作り、良いミックスダウン、良い音楽を作っていきましょう。

1 / 51234...最後 »