コンプレッサーの種類

寒い日が続きますが、そろそろ冬も終わり、真空管コンプを通したような暖かい春になりそうですね、こんばんは。

今回は、コンプレッサーの種類について、触れていきます。


コンプレッサーとは、その名の通り’圧縮’するプラグインで、音量のバランスを整えるのが、主な用途になります。


また、音の変化が大きくもあり、整える以外にも、音作りの用途としても使われています。

現在、数え切れないほどのコンプがリリースされていますが、その中で大きく分け、代表的な [ VCA / FET / 真空管 / OPT ] を紹介していきます。

[ VCA ]

代表的な実機は、Solid State Logic G-Compがあります。

コンプくさくない(コンプレッサーがかかっていると感じにくい)自然なかかり具合で、マスターやバストラックで多く使用されます。

[ FET ]

代表的な実機は、Universal Audio 1176。DTMをやっていると一度くらいはみたことがありますよね。

他のタイプと比べ、速いアタックタイム設定ができ、ドラムやパーカッションなどのアタックがしっかりあるものへの使用が有効的です。

[ 真空管 ]

代表的な実機は、Tube-Tech CL1B。

通すだけで音(質感が)が変わり、積極的に音を変えたいときに、使用するといい効果が得られる場合が多いです。

[ OPT ]

代表実機は、Warm Audio WA-2A。

速いアタックタイム設定ができず、ドラムなどにはあまり向いていません。ナチュラルなかかり具合が得られるため、ボーカルなどによく使用されます。

今回は、代表的なコンプレッサー種類について紹介しました。

決まりや正解があるわけではないので、このコンプはこのパートに使わなければならない、ということはないです。

各々の得意分野があるので、音の種類によって使い分ければ、より良い効果が得られると思います。

使い所を見極めて、良い音作り、良いミックスダウン、良い音楽を作っていきましょう。

キーを理解しよう!②



前回の記事では、キーを予め決めて作曲を始めればメロディやコード作りがとっても捗ることをお伝えしました!


ではここで、今一度キャメロットシステムの画像を確認してみましょう。






C MajorやA-Flat Minorなど、こういうのをキーと呼ぶのですが、
この画像はそれぞれのキー同士の相性をグラデーションによって視覚的にわかりやすくしたものです。




例えばC Minorと相性が良いのは、
隣り合っているF Minor、G Minor、E-Flat Majorの3つ!





前回、わりとサラっとこの画像を出してしまいましたが、結構ゴチャゴチャで画面閉じたくなりますよね!笑





実はこれ、そんなに難しくないんです。




いろんな文字や記号みたいなものが集約されているので複雑そうに見えますが、
一つ一つの意味がわかれば抵抗感もなくなるはずです!







まず最初に、太文字で書かれている1A~12A、1B~12Bに注目してください。



そして、これらを一旦完っ全に無視してください!笑


もちろん後で説明します!笑
一旦スルーしといた方が文字情報が減ってわかりやすいと思います(^-^;)







というわけで、その他の記号を一気に解説しますね!




まず、円の外側と内側の記号を比較して見ていただくと、外側はみんなMajor、内側はみんなMinorと書いてあります。




このMajorとかMinorって何なのか?




色んな有識者方に怒られる覚悟でかなり大雑把に言うと、、、




【Majorは明るい、Minorは暗い】




って意味です!


Majorキーの楽曲は明るい、陽気、ポジティブみたいな感じがする音楽で、
Minorキーの楽曲は暗い、クール、かっこいいみたいな感じがする音楽です。









これでこの表の半分くらいの文字数は消化しましたね!笑



次は、CだのGだのAだのと書いてある謎のアルファベットたちですね!



彼らは、この表だとバラバラな感じに散らばっているのでわかりにくいのですが、存在しているのは




A、B、C、D、E、F、G




だけです!








ここまででわかったことをざっくりまとめると、



「とりあえずABCDEFGのそれぞれ明るいバージョンと暗いバージョンで12種類ずつ存在してんじゃね?合わせて24種類あるんじゃね?○Aとか○Bは一旦無視じゃね?」



です!




しかし!



勘が良くなくてもお気付きの方ばかりかと思いますが、ABCDEFGって7種しかないのに12種類あるのおかしいですよね?




そうなんです。




Flat、Sharpとか言う謎の存在がMajorとMinorにそれぞれ5種類ずつどさくさに紛れてるんですよね。




このFlatとSharp、ここまでの情報量を理解した私たちにとって今詳しく知る余裕はあまりありませんので、一言だけで説明します!(詳しいことは今度お話ししますね!)




Flatは半音低い、Sharpは半音高い




です!(半音の意味も一旦後ほど説明しますね。笑)



つまりF MinorもいてF-Sharp Minorもいますが、これは似て非なるものってことなんです!





まとめ


・円の外側はMajor(明るい)キー、内側はMinor(暗い)キー


・アルファベットたちは、ABCDEFGのみ存在


・Flatは半音低い、Sharpは半音高い






今日はここまで!



そして次回、


・ABCDEFG ~彼らの正体は?~


・Flat & Sharp ~解き明かされる秘密~


・○A、○B ~のっけから無視された彼らの存在理由~



を解説していきたいと思います!!

キーを理解しよう!

今日は、音楽制作において知っておくととても便利なキーについて解説していこうと思います!

キーを理解していれば、楽曲の中で使用できる音が分かるため、納得のいくメロディやコードを作りやすくなります。

どういうことか、まずはこちらの画像を確認しましょう!

キャメロットシステム


全ての音楽にはキー(=主音)があります。

そして、そのキーの中では使っている音がそれぞれ決まっています。

例えばこの画像の左下にあるC Major。


C Majorの音楽で使われている音は、

ド レ ミ ファ ソ ラ シ

です。


つまり、C Majorの音楽を作るときは ド レ ミ ファ ソ ラ シ のみを使えば、間違いなくC Majorの音楽になると言えます。

なるほど決まっているんですね!どんな音楽でも使ってる音(鍵盤と言った方がわかりやすいかな?)っていうのが決まっているんです!


ということは!

キーを予め決めて音楽を作り始めれば、始めから使うべき音(=鍵盤)が決まっているようなものです!笑

つまり、音楽の中でも最も重要な部分を占めるメロディやコード、ベースラインなどがラクラク作れます!



Jay Hardwayの新しいスタジオ!②

今回も、前回に引き続きJay Hardwayのスタジオ紹介動画を紹介していきたいと思います!笑


この動画では、彼がスタジオで使っている機器だけでなくスタジオの環境に関することも紹介していますね。

プロの使用する機器を知ることは、自分のプロダクションスキルを上げることに活かすことができますが、それよりも大切なのはその使い方や使っている環境だったりします。

例えば、彼のようなトッププロが使用するスタジオモニターを使えばミキシングスキルが向上するかといえば勿論そうではなく、スピーカーの配置や、部屋の環境、リスニングポイントなどなど、自分の環境に適した使い方をすることが大切なんですね!


このスクリーンショットではちょっとわかりにくいですが、彼はモニターの下に敷いているスタンドも紹介してくれています。

彼は、実はこれは庭に使われるような石のブロックなんだよと言っていますね!
めっちゃ安いと言っています。笑


スピーカーを載せるスタンドとなるものがこのように重いものならば、スピーカーから出る音は吸収されます。

例えば、デスクに直接スピーカーを置いて作業をしていると、本来鳴っているサウンドとは”別の音”が一緒に聞こえている可能性が高いです。

この”別の音”の正体が、スピーカー自身からデスクに伝わった振動によって聞こえる音ということです。

そりゃあ、制作に関係ない音が聞こえていたら、プロアマ問わず作業は捗りませんよね!汗


これはSpinninやAxtone、Hexagonなどから楽曲をリリースしているProducer/DJのMatt Nashのスタジオです。

彼のように、そもそもモニタースピーカーをデスクには置かず、床から振動が逃げるようスタンドを立てているケースも多いですね!
僕もそうしています。

ちなみに、僕が(おそらく写真の彼も)使っているスタンドはこちらです!

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/157230/



こちらはPreSonusのMonitor Stationというモニターコントローラです。

モニターコントローラとはその名前の通り、モニターをコントロールするものです!笑

制作の最中、音量を変えたい時にいちいち左右それぞれのスピーカーのボリュームノブをいじるのは面倒臭いですよね?

そんな時に、スピーカーとオーディオインターフェースの間にこれが挟まっていると、とっても便利です!

彼は、ヘッドホンをこのモニターコントローラに接続しているようです。


1 / 41234