リバーブの種類

                     

みなさんこんにちは!

今回は、リバーブの種類を紹介していきます。

(リバーブについては、前ブログで解説しています。”Reverbとは”)

リバーブは、残響音を作り出すエフェクトです。

そのリバーブにもいくつか種類があるので、良く使う・使える代表的なものをみていきましょう。

(同じPluckの音源にそれぞれのリバーブをかけています。)

       

リバーブがかかっていないドライな音源

     

     

    

H A L L

    

コンサートホールなどの大きな空間の残響音です。

     

     

初期反射音(原音が鳴って跳ね返ってくる音)が遅く、ディケイタイム(残響音が残っている時間)が長い特徴があります。

長い時間、残響音があるので音数が少ないもの、広い空間を表現したいボーカルなどに適しています。音数が多いと次の音が発音されても前の音の残響音が強く残っているので、原音と残響音とで音の渋滞が起こり、音が濁ってしまいます。

       

Hall Reverb

     

    

      

R O O M

      

レコーディングスタジオや部屋など小さな空間の残響音です。

        

      

初期反射音は速めで、ディケイタイムは短く、普段聴き慣れているような自然な反響音です。

       

残響音の減衰が速いので、音数が多いものにも使えます。

ドラムやギター、ピアノ、ボーカルなどに適したリバーブです。

       

Room Reverb

                    

       

       

P L A T E

       

金属製の大きなプレート使い、そのプレートの振動を利用し残響音を得るものです。ルームリバーブよりも場所を取らずに、より広い空間を再現でき、自然の残響に近い音を得ることができます。

        

      

プレートリバーブは様々なジャンル、楽器に適用でき、幅広く使えます。

ボーカルにかけると楽曲への馴染みが良く、自然な豊かな効果を与えることができます。

       

Plate Reverb

     

      

     

S P R I N G

        

金属製のバネに振動を加え、その共振で残響音を得るものです。

        

       

ギターアンプに付いているリバーブはスプリングリバーブが多く、ギターリストにとっては馴染みのあるリバーブです。

バネを彷彿させる残響音が特徴的で、やはりエレキギターとの相性は抜群です。

       

Spring Reverb

     

     

      

C H A M B E R

       

残響を録音するために作られた特殊な空間の残響音です。

       

     

金属板やタイルなどを貼った部屋や、廊下、階段室などさまざまな空間が作りシュミレートされているので、様々なジャンル、楽器に対応できます。

ボーカルやアコースティックな楽器に適しています。

       

Chamber Reverb

     

      

      

最後にオススメのリバーブを紹介します。

Valhalla DSPValhalla VintageVerb

               

この会社は全商品$50と統一され、セールが行われません。なので、買いたい時が買い時です。そして、比較的安価にも関わらず、上記の5つのタイプのリバーブを”MODE”で切り替えることができるので、これをひとつ持っておけば、どのリバーブにも対応できます。また、リバーブのかかり具合も好評で、EDMなどのダンスミュージックはもちろん、Popsなど様々なジャンルに使用することができます。

DAW付属のリバーブしか持っていない方は、最初に購入するリバーブの候補に入れておくと良いでしょう。

             

    

    

       

リバーブは音楽制作に欠かせないものです。特に昨今のダンスミュージックにはあえて過剰にリバーブをかけたりと、非現実的なエフェクティブな使い方をしている楽曲も多くあります。リバーブのかかり方だけの参考曲を探し、自分の曲と照らし合わせながら、リバーブを選んだり調節していくと、耳も慣れていき、良いリバーブ使いができるようになるでしょう。

     

        

リバーブを使用したサウンドデザインのテクニック動画

     

     

       

RYOTA

HIP HOP SAMPLE PACKを使ってトラックメイク -2-

     

今回は、「HIP HOP SAMPLE PACKを使ってトラックメイク」の後編になります。( 前編はこちら )

前回は、ドラムの構築まででしたので、さっそく続きからみていきましょう。

   

     

3 ) 808 Bassを使おう

       

808は、名器「Roland TR-808」をサンプリングしたものになります。

Hip Hop, Trapの音にしたい、というときは808のサンプルを使うと求めているものになるでしょう。

今回は、サンプルパック“COBRA”の808 Bassのサンプルの中から

808s: 「Cymatics – Cobra 808 11 – E」

を使用しています。好きなものを選びましょう。

     

       

選んだサンプルをDAWへ取り込みます。

      

     

取り込んだオーディオファイルの上で右クリックをし、「新規サンプラートラックに変換」します。

      

       

      

     

作成されたトラックのサンプラーEXS24から、editを開きます。

                

       

エディター画面

        

以前のブログVocal Chops -2-に説明がある通り、このままでは、808 BassのEの音がC0の鍵盤で鳴ってしまいC0以外の鍵盤では音が鳴らない状態です。

以下の設定を変更します。

・ピッチをサンプルの音に合わせる。(今回の場合、E)

・キーレンジを必要な範囲に設定。

       

      

設定をした808 Bassでこのように弾いています。

      

     

基本的にキックの発音に合わせ、ベロシティで少し強弱をつけています。

      

      

そして、キックが鳴ったタイミングでベースが引っ込むように、ベースにサイドチェーンをかけ、EQでハイカットしています。

       

808 Bassサイドチェーン有

      

サイドチェーン設定

        

EQ設定

     

ここまでで、オケの部分が完成しました。

      

    

   

    

4 ) Vocalを入れよう

      

ボーカルは、Logicに入っているApple Loopの中から、

・Mikal Lyric 13

・Mikal Lyric 14

・Mikal Lyric 15

・Mikal Lyric 16

を選び、順番に組み合わせて使用し、Hip Hopのボーカルでよく使われている「オートチューン」「ケロケロボイス」と呼ばれるエフェクトをかけています。

さらに、Logic付属のStereo Delayをインサートに、ChromaVerbをSendで送りかけています。

                     

Rap Dry

      

Rap Wet

       

オートチューンにLogic付属「Pitch Correction」を使用

Logic付属ではない代表的なものだとAuto-Tune Pro, Melodyneがあります。

      

Delayの設定

       

Reverbの設定

       

チャンネルストリップ

         

    

当スクール講師「Thug Life GINPEI」が、動画でわかりやすくオートチューンの解説をしています。

他にもダンスミュージック制作に役立つテクニックを解説しているので、是非チェックしてみてください。 

       

Thug Life GINPEI   

    

      

また、アウトロに入るところにのみ、次への展開をスムーズにするために、ボーカルに別のディレイがかけています。

      

     

ボーカルトラックの設定を同じままに複製し、その最終段に「Delay」をかけています。

       

ディレイをかけたいフレーズのみを複製トラックへ移動     

        

Delay設定

                   

チェンネルストリップ

    

     

そして、後半から入ってくるVocal ChopsもApple Loopから「Around Midnight Vox Melody 01」選んでいます。

      

Vocal Chops Dry

       

このVocal Chopsには、リバーブをかけ、少し後ろにいるような位置関係にし、メインのラップボーカルがセンターにいるので、Tremoloで左右に振っています。

       

Vocal Chops Wet

      

Reverb設定

       

Tremolo設定

    

    

    

5 ) FXを入れよう

    

ちょっとしたアクセントになるようCOBRAのサンプルから、FXをふたつ加えています。

      

Cymatics – Cobra Misc FX 13

     

Cymatics – Cobra Reverse FX 2

     

    

     

完成音源

     

プロジェクト画面

       

ミキサー画面

     

      

これで、今回のトラックの解説は以上になります。いかがだったでしょうか。

この中のどれかひとつのアイディア、手法を自分のトラックに取り入れるなど、みなさんのトラックメイクのお役に立てれば幸いです。

    

    

     

THUG LIFE RYOTA

インパクトFXの作成

  

みなさんこんにちは!

今回は、ダンスミュージックだけではなく、

昨今の音楽にはかかせない「FX」の作成方法を紹介していきます。

その中でも、使用頻度の高い、

「インパクト (Impact) 」(ドーン効果音)

を実際に作っていきます。  

では早速、作成の過程をみていきましょう。

  

  

1 ) KickをDAWに読み込もう。

  

低音がしっかりあるものを選ぶといい結果を得やすいです。

今回は、このKickを選びました。

  

    

  

  

2 ) リバーブをインサートしよう。※インサート: プラグインを挿すこと。

  

ボリュームが大きくなりすぎないよう、音割れしないように、

あらかじめフェーダーを「-9db」に下げています。

ここでは、Logic Pro X付属の「ChromaVerb」使用しています。

  

  

「ChromaVerb」のデフォルトの設定から、画像のような設定にしています。

  

  

「Decay」の数値を変更することで、リバーブの余韻の長さが変更できるので、

さらに長い余韻のインパクトが欲しい場合は、値を大きくしましょう。

逆に、短い余韻にしたい場合、値を小さくしましょう。

これだけで、簡単にインパクトを作ることができました。

  

  

  

3 ) EQでハイカット

  

前工程のままでも十分使えるインパクトなのですが、

もうひとつのバリエーションとして、EQでハイカットすることで、

高音のアタック感のない、低音だけのインパクトを作ることができます。

※リバーブの後にEQをインサートします。

  

  

EQの設定は以下の画像のようになっています。

ハイカット具合は、聴きながら自分好みに設定しましょう。

今回は、1000Hzまでカットしています。

  

   

EQでハイカットしたインパクト。

   

    

    

どちらのニュアンスがほしいかは、使いどころと好みなので、

いろいろ試して、耳で聴いて判断しましょう。

最後に、応用編を紹介します。

  

   

4 ) 秘技 Tremolo

  

これまでに作ってきたインパクトに、ひと工夫を加えていきます。

そこで登場するのが、Logic Pro X付属の「Tremolo (トレモロ) 」です。

Tremoloは、音楽の授業などで、聞いたことがあるトレモロ奏法で馴染みがあると思います。

トレモロ奏法のように小刻みに震わせる効果をインパクトにも与えるのです。

早速、Tremoloを適用したインパクトを聴いてみましょう。

※Tremoloは、「Modulation」の項目の中にあります。

   

    

デフォルトの設定から画像の設定に変更しています。

         

    

「Rate」を変更することで、振動の間隔を調整できます。

上の設定が「1/4」でした。次に「1/8」にしてみましょう。

※「Rate」以外の設定の変更はありません。

   

     

    

いかがでしょうか。

このように、ちょっとしたことで、おもしろい効果を与えることができます。

これは、他にもいろいろな応用ができるかもしれませんね!

    

    

サンプルの中からインパクトを探して使うことも、もちろん素晴らしいことです。

その上で、オリジナルのインパクトを作れることは、

幅が広がり、その曲々、そのパートにあった、より良い曲作りに繋がることでしょう!

  

  

  

RYOTA

Reverbとは

今回は、「Reverb (リバーブ)」について学んでいきましょう。

 

「Reverb」は、Reverberationを略されたものです。

そして、Reverberationは、「残響」という意味になります。

会話や表記としては、略した「Reverb」で使われることがほとんどなので、

「Reverb」で覚えておいて大丈夫です。

 

私たちが暮らす日常には、この「Reverb」というものは常に存在しています。

特に「Reveb」をよく感じることができるのは、

体育館やトンネル、大きなコンサートホールで、

あの響く感じを身をもって体験したことがあると思います。

 

 

「Reverb」は、

以前に触れた「Delay」と同じ種類のエフェクト「空間系」に分類されます。

原音そのものの音を変化させるのではなく、

「Delay (遅らせた音)」、「Reverb(残響音)」を作り出す、

変化させるエフェクトだからですね。

 

そして、「Delay」と同様に、

「Reverbをかける」、「Reverbのプラグインを挿す」、というのは、

原音に、「残響音」を作る、加えるということになります。

 

 

それでは、「Reverb」がかかっているとどういう音になるのか

聴いてみましょう。

今回も、スネアの音を使って、

「Reverb」がかかっているもの、かかっていないものを用意しました。

早速、実際に聴いてみましょう。

 

まずは、「Reverb」がかかっていないスネア。

 

 

次に、「Reverb」かかったスネア。

 

「Reverb」は、Logic Pro X付属の「ChromaVerb」を使用し、

画像のような設定にしています。

 

スネアの音に、少し広い場所で響いているような

残響音が加わったのがわかります。

 

 

次に、スネア (原音)を除いた「Reverb」だけの音を聴いてみましょう。

 

「Reverb」そのものの音がどういうものなのかわかりますね。

 

 

「Reverb」にも細かな設定ができるようになっていて、

壮大なイメージの曲には、「Reverb」を深くかけて、壮大さを表現したり、

エフェクティブな音として使いたい時に、

わざと「Reverb」を深くかけて使用する、

少しトリッキーな使い方もできます。

 

その一例としてさっきより、「Reverb」を深くかけたものを聴いてみてください。

 

「Reverb」の設定は、画像の通りです。

 

現実にはなかなかないような響き方をしていますよね。

このような、現実味がない音があると、

壮大な世界観や神秘的な曲を表現できたりします。

逆に、最初に聴いていただいたようなあまり響きがない「Reverb」ように、

今まで生活してきた中で、身の回りで聞いたことのあるような、

現実味のある響きの「Reverb」を使っていくと、

身近に感じれる曲や聴き手側にうったえかけるような曲な、

メッセージ性が高い曲にすることができるかもしれませんね。

 

 

「Reverb」を使って、自分の表現した世界観、想いを、楽曲の一部として、

聴き手側に伝わるような素晴らしい楽曲を作っていきましょう。

 

 

 

RYOTA

Insert vs Send

ドラゴンボールZのオープニング曲「CHA-LA HEAD CHA-LA」の最初の
スネアのダブらせたようなDelayエフェクトはInsert?Send?
オッスこんばんは。



今回は、DelayやReverbのような空間系エフェクトを使用する際に、
「Insert (インサート)」にするのか、「Send (センド)」にするのか。
この話について触れていきましょう。



まず、Insertとは、そのチャンネルに直接プラグインを挿すことです。
画像のようにAudio 1のチャンネルにLogic Pro X付属のChromaVerbが挿してあります。

次に、Sendとは、Aux (オグジュアリ) トラックを作成して、そのAuxトラックにプラグインを挿すことです。
※Auxトラックとは、複数のトラックをまとめる補足的な役割のトラックのことです。
画像のように、Aux 1を作成し、Aux 1トラックにChromaVerbが挿してあります。
Aux 1のリバーブ成分をAudio 1の原音に混ぜて調節していきます。

Insertは、原音そのものに空間系エフェクトをかけます。
Sendは、AuxトラックにSendで送った空間系エフェクトを原音に混ぜます。



日本の音楽では、必ずと言っていいほどSendを使っています。
海外では逆に、Insertがほとんどです。
※ジャンルにもよるので一概にではありません。

日本で音楽を学ぶ際、この工程で「必ずSendで」と言われることがほとんどだと思います。
ここが海外のダンスミュージックの「音」に今一歩近くならない原因かもしれません。
特にEDMのようなサウンドでは、SendではなくInsertで空間系エフェクトをかけてみると、
急に「ぽく」なる場合が多くあります。
いまいち音の感じがうまくいかない時に、Sendを使った空間系エフェクト処理を行なっていたら、
Insertでの空間系エフェクト処理に切り替えてみてください。
より良い結果が得られるかもしれません。



楽曲制作のどの工程にも言えますが、どちらが正解、不正解はなく、必ずこの処理を、というものではありません。
もちろん、逆の処理方法で、いい結果を得られることもあります。
いろんな方法を試して、気に入るサウンドをみつけて作っていきましょう。

 

 

 

RYOTA

コンプレッサーの種類

寒い日が続きますが、そろそろ冬も終わり、

真空管コンプを通したような暖かい春になりそうですね、こんばんは。

 

今回は、コンプレッサーの種類について、触れていきます。

コンプレッサーとは、その名の通り’圧縮’するプラグインで、

音量のバランスを整えるのが、主な用途になります。

 

また、音の変化が大きくもあり、整える以外にも、音作りの用途としても使われています。

現在、数え切れないほどのコンプがリリースされていますが、

その中で大きく分け、

代表的な [ VCA / FET / 真空管 / OPT ] を紹介していきます。

 

 

[ VCA ]

代表的な実機は、Solid State Logic G-Compがあります。

コンプくさくない(コンプレッサーがかかっていると感じにくい)

自然なかかり具合で、マスターやバストラックで多く使用されます。

 

 

[ FET ]

代表的な実機は、Universal Audio 1176。

DTMをやっていると一度くらいはみたことがありますよね。

他のタイプと比べ、速いアタックタイム設定ができ、

ドラムやパーカッションなどの

アタックがしっかりあるものへの使用が有効的です。

 

 

[ 真空管 ]

代表的な実機は、Tube-Tech CL1B。

通すだけで音(質感が)が変わり、積極的に音を変えたいときに、

使用するといい効果が得られる場合が多いです。

 

 

[ OPT ]

代表実機は、Warm Audio WA-2A。

速いアタックタイム設定ができず、ドラムなどにはあまり向いていません。

ナチュラルなかかり具合が得られるため、ボーカルなどによく使用されます。

 

 

 

今回は、代表的なコンプレッサー種類について紹介しました。

決まりや正解があるわけではないので、

このコンプはこのパートに使わなければならない、ということはないです。

各々の得意分野があるので、音の種類によって使い分ければ、

より良い効果が得られると思います。

使い所を見極めて、良い音作り、良いミックスダウン、

良い音楽を作っていきましょう。

 

 

 

RYOTA

プロデューサーが避けては通れないWRITER’S BLOCKとは??

突然ですが、みなさんはこんな言葉をご存知ですか?

WRITER’S BLOCK

かっこいいですね〜なんか。響きが良い。

しかし。そんなに良い意味でもないんです。

あまり聞き馴染みのないこの言葉の意味は、

創作上の行き詰まり

ああああああ…。

音楽を作っている人のみならず、何かを作る人なら必ずぶつかりますよね。

この壁。

僕も何度ぶつかったことか…。(泣)

今日は、クリエイターなら誰もが対峙するこのWRITER’S BLOCKとの向き合い方について書いていきます!

まず、最も難しく、最も大切なこと。

それは、

WRITER’S BLOCKを受け入れること

です!

これまで、順調に良い音楽を作り続けることができていたのに、突然アイデアが浮かばなくなる。

なんとか形にしても、全く納得がいかないし、それは作っている最中にすでに感じている。

そうなると普通は、

このままじゃダメだ!もっと頭をフル回転させて作業に取り組まないと。

こうなりますよね。僕もいつもそうです。

でも大抵の場合、そのまま机に向かい続けて得られる結果は、ありきたりなメロディラインやビート、もしくは時間をかけても何も進まなかったことへの後悔。

ここまで進むと今度は、

ああ、自分には才能が無いんだ。

と、肩を落とす。

こうして制作へのモチベーションがさらに下がってしまう結果となります。

このままじゃダメだ!もっと頭をフル回転させて作業に取り組まないと。

↓↓↓↓↓↓

ああ、自分には才能が無いんだ。

この悪魔の循環の先に、素晴らしいアイデアが眠っている可能性はそう高くありません。

つまり、大切なことは

そういった着想の行き詰まりを認めて受け入れることです。

WRITER’S BLOCKは普通のことです。

これはクリエイター全員に訪れるもので、ピカソにもヴェートーベンにもマーティン・ガリックスにも例外なく訪れているはずです。

自分自身が今WRITER’S BLOCKを感じていたり、それが続いている時は、

一旦制作を中止しましょう。

そして、インスピレーションを得られるのを待ちます。

どんな風に待つか?

これは、本当に自由です!

・好きな映画を観る

・友達との時間を過ごす

・お気に入りのDJのインタビューなどを読む

・好きなアーティストのライブを見に行く

これらは僕がインスピレーションを得るためにしていることの一部です!

ダンスミュージックを作る上で大切なことは、自分自身がポジティブなエネルギーに満ちていることだと思います。

取り組んでいるプロジェクトに対して、自分自身が素晴らしいと感じ、聴いていて楽しいと思えるモノでなければリスナーの心に響かせることは難しいですからね!

まとめ

音楽を作っている時は、

自分自身をとにかく愛してください!!

新型MacBook Pro 2018登場! 音楽制作に適したMacの選び方とは?

皆さん!今日はいつもと少し違ったお話をさせて頂きます!

つい先日、Appleが前触れ無く突然、新型MacBook Proを発表しました!

今回のMacBook Proのアップデートは、私たちダンスミュージックを作るプロデューサーにとって夢のような進化なんです。

「何で?今回のアップデートではデザインは変わっていないし薄型にもなっていなければ軽量化もしてないのに、、、」

こう思った方がいるかと思いますが、僕らがテンション上がっているのは、中身の進化についてなんです!

以下、新しいMacBook Proがどんな風に進化しているのかと、

「じゃあ結局どれを買えば良いの?」

を解説していきます。

これから音楽制作を始めるためにパソコンを新調しようと考えている方は、この記事を参考にしていただければ嬉しいです(^^)

そしてこの記事では、出来るだけ難しい専門用語を避けていこうと思います。

プロデューサーがチェックするべきMacの仕様3つ

Macを買う際、どれを選ぶべきか迷いますよね。値段も結構違いますし、、、

そんなときは、Apple Storeにてこの3点に注目してください。

メモリ、ストレージ、プロセッサ

この3つです!早速、専門用語が出てきてしまいました、、、

しかしながらこの3点に関してはこの言葉でApple Storeでも表記されているため、意味を理解できれば安心です!

それでは、一つずつ解説していきましょう。

メモリ

メモリの容量が大きれば、同時に開いて作業できるソフトの数も増えていきます。

単位が「GB」なので、ストレージ容量とよく間違えられてしまいますね。

メモリを理解するためによく例えられるのが、作業机の広さです。

机の面積が広ければ、開いているノートや教科書をわざわざ片付けなくても、ペンケースや辞書を置いておけますよね!

楽曲制作をする人にとっては、音源をたくさん読み込む際にメモリの大きさが求められますので、要チェックです!

ダンスミュージックではシンセを読み込んだトラックをかなり使用しますので、サクサク動いてもらうためには16GBあるとストレスフリーです!

今回発表された新型MacBook Proでは、メモリが32GB搭載可能になったので、僕らプロデューサーにとっては夢のようなサクサク動作が実現しますね!

ストレージ

ストレージの容量が大きければ、サンプルや楽曲などの音楽ファイルをたくさん保存できますし、アプリケーションもたくさんインストールできます。

メモリが作業机の広さで言うならば、ストレージはその机に付いている引き出しの数ですね。

容量が大きければ、より多くのファイルを保存しておくことができると言うことです。

MacBook Proでは現在、4TBまで搭載できるようになったので、そこそこの会議室の机くらいはありますかね!(わかりにくい)

プロセッサ

別名CPUとも呼ばれます。

例えシリーズで言えば、プロセッサは机で作業をする人の頭の良さですかね!

単位は「Ghz」で、この数値が高いほど、コンピュータがサクサク動きます

このプロセッサが高くないと、たくさんのトラックを使ったプロジェクトでは作業中に何度も止まってしまいます。

数値が高ければと申し上げましたが、デュアルコア(2つ)とクアッドコア(4つ)などがあるので、同じ数値でもプロセッサが何個搭載されているかを気にする必要があります。

以上を踏まえて、ではどんなスペックを買えばいいか???

これは、結論から言えばどれも高いに越したことはありません!笑

でも、予算を考えればそうもいきませんよね。

ダンスミュージックを作る上で個人的に欲しいスペックを一つ挙げると、

ストレージ: 500GB以上

メモリ: 16GB以上

プロセッサ: 2.3GHz以上のクアッドコア

ですね!

いかがでしたでしょうか?楽曲制作をするためのMac選びの参考となれば嬉しいです!