減算EQってすごく大事!

音楽制作のミックスにおいて欠かせない作業の1つ「EQ」。

音の特徴を変化させ、音そのものの個性を強調したり、不要な要素を減らすことができます。

そんな便利なEQですが、「どうやって使えばいいんだ!?」
選択肢がありすぎて難しいですよね。


加算EQ VS 減算EQ



小難しい見出し…。まずは加算EQと減算EQの意味ですよね。


これが加算EQです。

周波数帯域のところどころを持ち上げています。

つまり、ブーストすることを加算EQと呼ぶわけですね!


一方、これが減算EQ。

加算の逆で、カットしたり周波数帯域の一部を減らしていますね。

見出しは釣りで、加算と減算のどちらが大事なのかを議論するつもりはありません。笑

大切なのは、目的を理解して取り組むことです!


減算EQのやり方



加算EQと減算EQ、どっちも大事です。

しかしながら、減算EQの方がちょっと難しく感じますよね。
いらない周波数帯域をどうやって決めればいいんだろう?とか!


まずはこんな風に、どこかの周波数をブーストします。

そして、音を鳴らしながら周波数を移動します。

耳障りな音が目立ったり、他のサウンドを邪魔しているポイントが現れたら、そこでストップ。

次に、そのポイントの周波数を下げていきます。

こうすれば、そのサウンドにおいて不必要な部分だけを消すことができますね!




最後に、僕が減算EQを大切だと思う個人的な理由を説明しますね!

まず、音楽は一つ一つのサウンドがいくつも集まって構成されていますよね。

でも、ひたすら音を詰め込み続ければ、いつか必ず何かの音が隠れて聞こえなくなったりするものです。

一つ一つのサウンドを、加算EQによってそのキャラを目立たせようとすれば、周波数帯域の大げんか祭り開催ですよね。


一方、減算EQは基本的に不要なサウンドを減らしたり、他のサウンドを邪魔する部分をなくすための行為なので、

「無駄を排除」&「相手思いやり」系アクションです。


一つの音楽にA、B、Cのサウンドがあるとします。

減算EQを使う人は、Aを処理するときにBとCの特徴も同時に意識することが当然になります。

それって絶対いいミックスになりますよね!


まとめ



やっぱ自分本位すぎてもよくないってことですね!

自分が最も輝けるポジションを理解しつつ、苦手とする分野を他の人がカバーしていくチームワーク。

そして、お互いがそれを理解し合う組織力。

素晴らしいですね。

僕は音楽の理想の形に、人間社会の理想像を悟りました。(暴走)

難しく考えすぎちゃうコンプレッサー。

今日は、まさしくタイトル通りの内容です!

 

音楽制作をする皆さん、コンプレッサーって使ってますか?

 

“重要っぽいから使ってるけど、よくわからん”

 

“使ってないから、よくわからん”

 

そういう方が、意外と多いんじゃないかなと!

 

実際僕も、コンプレッサーには苦手意識がありました。

 

 

 

 

苦手意識が生まれる圧倒的な理由は、実態がわからないからじゃないですかね!

 

 

 

 

例えばEQは、周波数上のある部分を減らしたり、カットしたり、目的とその手段が聴覚的にも視覚的にもはっきりとわかりやすいですよね!

 

一方でコンプレッサーは、”音を圧縮するもの”、”音圧をあげるためのもの”など、なかなかピンと来ない表現になります。

 

 

今回は、極端なくらいめちゃくちゃシンプルにこのコンプレッサーについて説明していこうと思います!

 

 

 

コンプレッサーでできること

 

 

 

 

これですよね。ここをシンプルに伝えます。

 

コンプレッサーがやることは、、、

 

 

 

音量を小さくすることです。

 

 

 

これはめちゃくちゃ詳細を省きましたが、まずはこう覚えてください。

 

 

ここで生まれる疑問は、

 

 

 

 

“それはボリュームフェーダーじゃね?”

 

 

 

 

ですよね!

 

 

そうです。ボリュームフェーダーと同じなんです。

 

 

しかし、ボリュームフェーダーと少し違うのは、ある部分のボリュームを小さくするということです。

 

 

 

ある部分とは何か?

 

 

 

これまたシンプルにいうと、、、

 

 

 

 

うるさい部分です。

 

 

 

 

うるさい部分とは、波形の中で飛び抜けて大きくなっちゃったりしてるところのことです。

 

 

 

ここまでをまとめると、

 

 

 

 

ある音の、うるさい部分を小さくする。

 

 

 

 

ということになりますね!

 

 

 

 

これを一般的には、圧縮すると表現します。

 

 

 

 

圧縮するっていうとやっぱり難しく聞こえますよね。

 

 

でも、うるさい部分だけを小さくするっていう表現なら、なんだかボリュームオートメーション的なニュアンスっぽくてわかりやすい!

 

 

 

 

コンプレッサーができることにもう一つ、音圧を上げるというものがあります。

 

 

これよく聞きますよねぇ。

 

しかも、ダンスミュージックを作る上でこれってなんかすごい大事そうですよね。

 

 

音圧を上げるということを理解するには、まず”音圧ってなに?“を理解しておかないとですね!

 

 

 

 

音圧とは、、、

 

 

音のある間隔における音量の平均値、つまり音の密度です。

 

 

これまたドシンプルすぎて批判されそうな極論を言ってしまいました。

 

 

音圧を語るとこれまた1つの記事になるくらい細かいので、ここではこれくらいにして、、、

 

 

 

 

ちょっとここまででまたややこしくなってしまいましたので、まとめましょう。

 

 

 

 

音圧が音量の平均値なら、音圧が高いってのはつまり、ずっとうるさいとでも言いましょうか!

 

 

音圧を上げたい(ずっとうるさい状態にしたい)場合、ある部分だけ急にうるさくなってる状態はまずいですよね。

 

 

 

 

さあ、いよいよ話が繋がってきます。

 

 

 

 

コンプレッサーというのは、

 

 

①波形の中で飛び抜けて大きくなっちゃったりしてるうるさい部分を小さくする

 

②そうして全体がムラなく綺麗に慣らされた波形を、行けるところまでグンとボリュームアップさせる。

 

 

この2段階プロセスを通すことで、音の密度を上げるのです!!

 

 

 

 

 

まとめ

 

音は、出せる大きさに限度があるので、それ以上出そうとすると音が割れちゃったりします。

 

コンプレッサーは、音が割れちゃう原因になりそうなうるさいところだけをまず圧縮し、全体の音を上げることができるのです!

EQで出来ること。

いよいよこのテーマにふれていきますよ!

 

と言うくらい、これは重要なテーマです。

 

たくさんのトラックがレイヤーされるダンスミュージックではEQが欠かせません!

 

 

では、

 

 

 

そもそもEQってなんだ?

 

 

 

天下のWikipediaさんによれば、イコライザー(Equalizer)すなわちEQは、

 

“音声信号の周波数特性を変更する音響機器である。イコライザーを使って、音声信号の特定の周波数帯域(倍音成分や高調波成分あるいはノイズ成分)を強調したり、逆に減少させる事ができ、全体的な音質の補正(平均化)や改善(音像の明確化など)、あるいは積極的な音作りに使用される。”

 

 

いや〜難しい!まあ難しい!

 

難しい言葉が多く並んでいますが、解説の中で”周波数”と言うワードがよく出てきていますね。

 

周波数をめちゃくちゃ簡単に言うと、

 

 

音の高さ

 

 

です。

 

 

例えば、ベースの音は”周波数が低い”だとか、リードシンセの音は”周波数が高い”、ヴォーカルは”周波数が真ん中くらい”的な表現になります!

 

 

音の高さを数値化して、それらを高さ別にコントロールすることができるのがEQと言うことですね!

 

 

ダンスミュージックは、多くの音が重なることで成り立っています。

 

例えば、ベースラインのサウンドは低域を占めています。

 

ですが、使っているベースの特性上、中域や高域でもサウンドが鳴っている場合がありますよね。

 

 

こんな感じで、左側の低域だけでなく、真ん中から右側にかけての中域、高域の周波数帯域も上がっていますよね。

 

この場合、低域で威力を発揮するはずのベースラインが、中域や高域で鳴っている他のサウンドを邪魔してしまうことになるのです!

 

このままではいかんと。

 

 

こんな風に、高い周波数をカットしてしまいます。

 

すると、上の画像のように中域や高域で鳴っている部分を抑えることができました!

 

これで、ベースと一緒に鳴っているボーカルやリードを邪魔せずに済みますね!

 

 

 

*注意

 

もちろん、上の画像のように特定の周波数をカットすればサウンドの特徴も変わります。

 

なので、今回のようにある一つのサウンドのEQに取り組む際は、他のサウンドも一緒に鳴らしましょう!

 

“そうするとその音のことがわかりにくくならない?”

 

と思うかもしれませんが、音楽を聴く人は一つずつのサウンドは聴きませんよね。

 

全てが合わさったものを聴くわけですから、全部まとめて鳴った時にその特定のサウンドがどのように聴こえるかが重要なのです!

 

慣れるまでは難しいかもしれませんが、EQに取り組むときは、サウンドを個々で捉えるのではなく、全てのサウンドの中の一つとして捉えるようにしましょう!

 

 

 

ちなみに!

 

余談ですが、画像で紹介しているEQは僕が愛用しているFabFilter社のPro-Q2というものです。

 

このEQの良いところを紹介する記事もいつか書いていこうと思います!

 

 

 

次回以降もEQの話は続けていきますので、参考にしていただければ幸いです!!

ミキシングって? ~リファレンスを用意する②~

ミキシングの中でも基本的だけど意外とやっていない人も多い大切なアクションの一つ、

 

“リファレンス(参考)楽曲を用意する”

 

以前書きました

 

ミキシングって? ~リファレンスを用意する①~

 

http://3faithsdjschool-mpc.com/mixing/%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F/

 

この続きを書いていこうと思います!

 

 

まず、人間にとってとても重要な体のしくみをお伝えします。(目を引くツカミ)

 

 

 

人間の耳はより大きな音を常にキャッチする。

 

 

 

何が言いたいかというと、

 

自分の進めているプロジェクトの楽曲と、リファレンス楽曲の音量に差があれば、より大きい方がパワフルに感じられるということです。

 

 

リファレンス楽曲はほとんどの場合、マスタリングまで済んでいる完成品ですよね。

 

その一方、構築途中の楽曲はヘッドルームに余裕を持たせるために多くのトラックのフェーダーを下げているはずです。

 

その場合、どんな風に聞いても参考曲の方がアグレッシブでパワフルでドラマチックに聞こえるので、落ち込むこと必至です。

 

いや、ドラマチックに聞こえるのに音量は関係ありませんね…。

 

そこが劣っていたら改善の余地アリです。笑

 

 

 

例えば、

構築中のプロジェクトの各トラックのボリュームフェーダーを-8dbにしていたら、リファレンス楽曲のトラックのフェーダーも-8dbしておきましょう!

 

 

 

 

 

それではこのテーマの最終項、

リファレンス楽曲において注目すべき、重要な3点をお伝えします。

 

それは、

 

周波数、広さ、奥行き

 

 

さあ〜、またざっくりした3語が出てきましたね〜。

 

これは今後1点ずつ記事にするつもりなので、詳細は随時更新していきますが、

 

とにかくとてもとても大事なトピックであることを覚えて置いて下さい!

 

 

 

 

周波数

 

リファレンス楽曲と自分の曲を、周波数的な観点で比較することが大切です。

 

例えば、最も低音を支配しているのはキックなのかベースラインなのか?

どんな要素の音が占めているか?

 

もちろんこれはハイレンジ、ミッドレンジにも言えます。

 

 

 

 

広さ

 

これは、完全にリファレンス楽曲に合わせる必要はありませんが、自分の楽曲の中の様々な要素が、どのように広がっているかを知ることが重要です。

 

どんな音が中央で鳴っていて、どんな音が外側でワイドに鳴っているのかを注意深くチェックしてみてください!

 

 

 

 

奥行き

 

見落としがちな、音楽の奥行き。

 

“深さ”と表現してもいいかもしれませんね!

 

ある音にリバーブやディレイの効果が現れると、その音は響きますね。

 

“響く”というのは、その空間が影響しています。

 

例えば、より大きな空間では響きも大きく、深くなります。

 

それらの効果や音量をコントロールし、楽曲の様々な要素に奥行きを生み出すことが重要なんです!

 

 

 

いや〜、何度も言ってしまって申し訳ありませんが、最後の3点はミキシングをする上でとっても重要な観点なので、今後も詳しく紐解いていこうと思います!

 

ひとまず皆さん!

これから音楽を作るときは、参考曲を用意し、その理想的なサウンドがいかにして理想的かを分析することに耳を駆使してくださーい!!