プロデューサーが避けては通れないWRITER’S BLOCKとは??

突然ですが、みなさんはこんな言葉をご存知ですか?

 

 

 

WRITER’S BLOCK

 

 

 

 

かっこいいですね〜なんか。響きが良い。

 

 

 

 

しかし。そんなに良い意味でもないんです。

 

 

あまり聞き馴染みのないこの言葉の意味は、

 

 

 

 

創作上の行き詰まり

 

 

 

 

 

ああああああ…。

 

 

 

音楽を作っている人のみならず、何かを作る人なら必ずぶつかりますよね。

 

この壁。

 

 

 

僕も何度ぶつかったことか…。(泣)

 

 

 

 

 

今日は、クリエイターなら誰もが対峙するこのWRITER’S BLOCKとの向き合い方について書いていきます!

 

 

 

 

 

まず、最も難しく、最も大切なこと。

 

 

 

それは、

 

 

 

WRITER’S BLOCKを受け入れること

 

 

 

 

です!

 

 

 

 

これまで、順調に良い音楽を作り続けることができていたのに、突然アイデアが浮かばなくなる。

 

 

 

なんとか形にしても、全く納得がいかないし、それは作っている最中にすでに感じている。

 

 

 

そうなると普通は、

 

 

 

 

このままじゃダメだ!もっと頭をフル回転させて作業に取り組まないと。

 

 

 

 

こうなりますよね。僕もいつもそうです。

 

 

 

 

 

でも大抵の場合、そのまま机に向かい続けて得られる結果は、ありきたりなメロディラインやビート、もしくは時間をかけても何も進まなかったことへの後悔。

 

 

 

ここまで進むと今度は、

 

 

 

 

ああ、自分には才能が無いんだ。

 

 

 

 

と、肩を落とす。

 

 

 

こうして制作へのモチベーションがさらに下がってしまう結果となります。

 

 

 

 

 

このままじゃダメだ!もっと頭をフル回転させて作業に取り組まないと。

 

↓↓↓↓↓↓

 

ああ、自分には才能が無いんだ。

 

 

 

 

この悪魔の循環の先に、素晴らしいアイデアが眠っている可能性はそう高くありません。

 

 

 

つまり、大切なことは

 

 

 

 

 

そういった着想の行き詰まりを認めて受け入れることです。

 

 

 

 

 

WRITER’S BLOCKは普通のことです。

 

 

 

 

これはクリエイター全員に訪れるもので、ピカソにもヴェートーベンにもマーティン・ガリックスにも例外なく訪れているはずです。

 

 

 

 

 

自分自身が今WRITER’S BLOCKを感じていたり、それが続いている時は、

 

 

一旦制作を中止しましょう。

 

 

そして、インスピレーションを得られるのを待ちます。

 

 

 

どんな風に待つか?

 

 

 

これは、本当に自由です!

 

 

 

 

 

・好きな映画を観る

 

・友達との時間を過ごす

 

・お気に入りのDJのインタビューなどを読む

 

・好きなアーティストのライブを見に行く

 

 

 

 

 

これらは僕がインスピレーションを得るためにしていることの一部です!

 

 

 

 

ダンスミュージックを作る上で大切なことは、自分自身がポジティブなエネルギーに満ちていることだと思います。

 

 

 

 

 

取り組んでいるプロジェクトに対して、自分自身が素晴らしいと感じ、聴いていて楽しいと思えるモノでなければリスナーの心に響かせることは難しいですからね!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

音楽を作っている時は、

 

 

 

 

自分自身をとにかく愛してください!!

 

 

 

新型MacBook Pro 2018登場! 音楽制作に適したMacの選び方とは?

皆さん!今日はいつもと少し違ったお話をさせて頂きます!

 

 

つい先日、Appleが前触れ無く突然、新型MacBook Proを発表しました!

 

 

今回のMacBook Proのアップデートは、私たちダンスミュージックを作るプロデューサーにとって夢のような進化なんです。

 

 

「何で?今回のアップデートではデザインは変わっていないし薄型にもなっていなければ軽量化もしてないのに、、、」

 

 

こう思った方がいるかと思いますが、僕らがテンション上がっているのは、中身の進化についてなんです!

 

 

以下、新しいMacBook Proがどんな風に進化しているのかと、

 

「じゃあ結局どれを買えば良いの?」

 

を解説していきます。

 

 

これから音楽制作を始めるためにパソコンを新調しようと考えている方は、この記事を参考にしていただければ嬉しいです(^^)

 

そしてこの記事では、出来るだけ難しい専門用語を避けていこうと思います。

 

 

プロデューサーがチェックするべきMacの仕様3つ

 

 

Macを買う際、どれを選ぶべきか迷いますよね。値段も結構違いますし、、、

 

そんなときは、Apple Storeにてこの3点に注目してください。

 

メモリ、ストレージ、プロセッサ

 

 

この3つです!早速、専門用語が出てきてしまいました、、、

 

しかしながらこの3点に関してはこの言葉でApple Storeでも表記されているため、意味を理解できれば安心です!

 

それでは、一つずつ解説していきましょう。

 

 

 

メモリ

 

 

メモリの容量が大きれば、同時に開いて作業できるソフトの数も増えていきます。

 

単位が「GB」なので、ストレージ容量とよく間違えられてしまいますね。

 

メモリを理解するためによく例えられるのが、作業机の広さです。

 

机の面積が広ければ、開いているノートや教科書をわざわざ片付けなくても、ペンケースや辞書を置いておけますよね!

 

楽曲制作をする人にとっては、音源をたくさん読み込む際にメモリの大きさが求められますので、要チェックです!

 

 

ダンスミュージックではシンセを読み込んだトラックをかなり使用しますので、サクサク動いてもらうためには16GBあるとストレスフリーです!

 

今回発表された新型MacBook Proでは、メモリが32GB搭載可能になったので、僕らプロデューサーにとっては夢のようなサクサク動作が実現しますね!

 

 

 

ストレージ

 

 

ストレージの容量が大きければ、サンプルや楽曲などの音楽ファイルをたくさん保存できますし、アプリケーションもたくさんインストールできます。

 

メモリが作業机の広さで言うならば、ストレージはその机に付いている引き出しの数ですね。

 

容量が大きければ、より多くのファイルを保存しておくことができると言うことです。

 

MacBook Proでは現在、4TBまで搭載できるようになったので、そこそこの会議室の机くらいはありますかね!(わかりにくい)

 

 

 

プロセッサ

 

 

別名CPUとも呼ばれます。

 

例えシリーズで言えば、プロセッサは机で作業をする人の頭の良さですかね!

 

単位は「Ghz」で、この数値が高いほど、コンピュータがサクサク動きます

 

このプロセッサが高くないと、たくさんのトラックを使ったプロジェクトでは作業中に何度も止まってしまいます。

 

数値が高ければと申し上げましたが、デュアルコア(2つ)とクアッドコア(4つ)などがあるので、同じ数値でもプロセッサが何個搭載されているかを気にする必要があります。

 

 

 

 

以上を踏まえて、ではどんなスペックを買えばいいか???

 

 

これは、結論から言えばどれも高いに越したことはありません!笑

 

 

でも、予算を考えればそうもいきませんよね。

 

 

 

 

ダンスミュージックを作る上で個人的に欲しいスペックを一つ挙げると、

 

 

ストレージ: 500GB以上

 

 

メモリ: 16GB以上

 

 

プロセッサ: 2.3GHz以上のクアッドコア

 

 

 

ですね!

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?楽曲制作をするためのMac選びの参考となれば嬉しいです!

EQで出来ること。

いよいよこのテーマにふれていきますよ!

 

と言うくらい、これは重要なテーマです。

 

たくさんのトラックがレイヤーされるダンスミュージックではEQが欠かせません!

 

 

では、

 

 

 

そもそもEQってなんだ?

 

 

 

天下のWikipediaさんによれば、イコライザー(Equalizer)すなわちEQは、

 

“音声信号の周波数特性を変更する音響機器である。イコライザーを使って、音声信号の特定の周波数帯域(倍音成分や高調波成分あるいはノイズ成分)を強調したり、逆に減少させる事ができ、全体的な音質の補正(平均化)や改善(音像の明確化など)、あるいは積極的な音作りに使用される。”

 

 

いや〜難しい!まあ難しい!

 

難しい言葉が多く並んでいますが、解説の中で”周波数”と言うワードがよく出てきていますね。

 

周波数をめちゃくちゃ簡単に言うと、

 

 

音の高さ

 

 

です。

 

 

例えば、ベースの音は”周波数が低い”だとか、リードシンセの音は”周波数が高い”、ヴォーカルは”周波数が真ん中くらい”的な表現になります!

 

 

音の高さを数値化して、それらを高さ別にコントロールすることができるのがEQと言うことですね!

 

 

ダンスミュージックは、多くの音が重なることで成り立っています。

 

例えば、ベースラインのサウンドは低域を占めています。

 

ですが、使っているベースの特性上、中域や高域でもサウンドが鳴っている場合がありますよね。

 

 

こんな感じで、左側の低域だけでなく、真ん中から右側にかけての中域、高域の周波数帯域も上がっていますよね。

 

この場合、低域で威力を発揮するはずのベースラインが、中域や高域で鳴っている他のサウンドを邪魔してしまうことになるのです!

 

このままではいかんと。

 

 

こんな風に、高い周波数をカットしてしまいます。

 

すると、上の画像のように中域や高域で鳴っている部分を抑えることができました!

 

これで、ベースと一緒に鳴っているボーカルやリードを邪魔せずに済みますね!

 

 

 

*注意

 

もちろん、上の画像のように特定の周波数をカットすればサウンドの特徴も変わります。

 

なので、今回のようにある一つのサウンドのEQに取り組む際は、他のサウンドも一緒に鳴らしましょう!

 

“そうするとその音のことがわかりにくくならない?”

 

と思うかもしれませんが、音楽を聴く人は一つずつのサウンドは聴きませんよね。

 

全てが合わさったものを聴くわけですから、全部まとめて鳴った時にその特定のサウンドがどのように聴こえるかが重要なのです!

 

慣れるまでは難しいかもしれませんが、EQに取り組むときは、サウンドを個々で捉えるのではなく、全てのサウンドの中の一つとして捉えるようにしましょう!

 

 

 

ちなみに!

 

余談ですが、画像で紹介しているEQは僕が愛用しているFabFilter社のPro-Q2というものです。

 

このEQの良いところを紹介する記事もいつか書いていこうと思います!

 

 

 

次回以降もEQの話は続けていきますので、参考にしていただければ幸いです!!

ミキシングって? ~リファレンスを用意する②~

ミキシングの中でも基本的だけど意外とやっていない人も多い大切なアクションの一つ、

 

“リファレンス(参考)楽曲を用意する”

 

以前書きました

 

ミキシングって? ~リファレンスを用意する①~

 

http://3faithsdjschool-mpc.com/mixing/%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F/

 

この続きを書いていこうと思います!

 

 

まず、人間にとってとても重要な体のしくみをお伝えします。(目を引くツカミ)

 

 

 

人間の耳はより大きな音を常にキャッチする。

 

 

 

何が言いたいかというと、

 

自分の進めているプロジェクトの楽曲と、リファレンス楽曲の音量に差があれば、より大きい方がパワフルに感じられるということです。

 

 

リファレンス楽曲はほとんどの場合、マスタリングまで済んでいる完成品ですよね。

 

その一方、構築途中の楽曲はヘッドルームに余裕を持たせるために多くのトラックのフェーダーを下げているはずです。

 

その場合、どんな風に聞いても参考曲の方がアグレッシブでパワフルでドラマチックに聞こえるので、落ち込むこと必至です。

 

いや、ドラマチックに聞こえるのに音量は関係ありませんね…。

 

そこが劣っていたら改善の余地アリです。笑

 

 

 

例えば、

構築中のプロジェクトの各トラックのボリュームフェーダーを-8dbにしていたら、リファレンス楽曲のトラックのフェーダーも-8dbしておきましょう!

 

 

 

 

 

それではこのテーマの最終項、

リファレンス楽曲において注目すべき、重要な3点をお伝えします。

 

それは、

 

周波数、広さ、奥行き

 

 

さあ〜、またざっくりした3語が出てきましたね〜。

 

これは今後1点ずつ記事にするつもりなので、詳細は随時更新していきますが、

 

とにかくとてもとても大事なトピックであることを覚えて置いて下さい!

 

 

 

 

周波数

 

リファレンス楽曲と自分の曲を、周波数的な観点で比較することが大切です。

 

例えば、最も低音を支配しているのはキックなのかベースラインなのか?

どんな要素の音が占めているか?

 

もちろんこれはハイレンジ、ミッドレンジにも言えます。

 

 

 

 

広さ

 

これは、完全にリファレンス楽曲に合わせる必要はありませんが、自分の楽曲の中の様々な要素が、どのように広がっているかを知ることが重要です。

 

どんな音が中央で鳴っていて、どんな音が外側でワイドに鳴っているのかを注意深くチェックしてみてください!

 

 

 

 

奥行き

 

見落としがちな、音楽の奥行き。

 

“深さ”と表現してもいいかもしれませんね!

 

ある音にリバーブやディレイの効果が現れると、その音は響きますね。

 

“響く”というのは、その空間が影響しています。

 

例えば、より大きな空間では響きも大きく、深くなります。

 

それらの効果や音量をコントロールし、楽曲の様々な要素に奥行きを生み出すことが重要なんです!

 

 

 

いや〜、何度も言ってしまって申し訳ありませんが、最後の3点はミキシングをする上でとっても重要な観点なので、今後も詳しく紐解いていこうと思います!

 

ひとまず皆さん!

これから音楽を作るときは、参考曲を用意し、その理想的なサウンドがいかにして理想的かを分析することに耳を駆使してくださーい!!