海外の音楽シーンを学び、本物をクリエイトする 聴くから作る音楽へ

MUSIC PRODUCTION

音楽制作とは?

あなたのリアルの今を残す物が
楽曲制作であって欲しい

今この時代で音楽制作はPC一つで誰でも世界に発信できる夢のある物になりました。
ある人は最先端の音で斬新で今までに無い音楽を作り未来に向けて挑戦し、ある人は古き良き時代の音楽からインスパイアーした物を再構築し自分の新しい感性を刻み、またある人は愛する人への抑えきれない気持ちを情熱的に作り出します。

喜び溢れた気持ちを表現した音、悲しい気持ちから抜け出す力をくれる音、そして優しく寄り添ってくれる音など…
今この時代をあなたがどう生きているか?を未来に残す物が楽曲制作だと私達は伝えたいです。

ぜひ”あなた”にしか出来ない、世界に一つしか無い音楽を作ってください。

そのサポートを私達がお手伝いさせて頂きます。

music production image

現在の音楽シーン

Overseas
Overseas Overseas

シンガーよりもトラックメイカーが注目される時代

ここ数年で、日本と海外の音楽シーンに1つの大きな違いが生まれました。
これまでのヒットチャートの中心には、当然のように”シンガー”主体の楽曲が名を連ねていました。

しかし近年の海外の音楽シーンでは、今まで表舞台には姿を見せていなかったトラックメイカーやプロデューサーがシンガーよりも注目される位置付けで大手レーベルからリリースされるようになって行ったのです。

日本と比較すると、海外では"サウンド”がより注目される時代となり、それを作るトラックメイカーやプロデューサーは”DJ”として自らもステージに積極的に立ち始めました。

インターネットの発展による音楽の聴き方の変化、コンピュータの技術革新による楽曲制作の敷居の低下など様々な理由が挙げられますが、人々が音楽への既成概念を変え新しい時代にシフトしたのは間違いありません。

ⅢFAITHS MUSIC
PRODUCTION SCHOOL

世界水準の音楽制作の実現に向けて

世界に通用する
オリジナルトラックを生み出す

私達日本一のDJスクールが次に目指した挑戦が世界に通用する”オリジナルトラック”を生み出す”DTMスクール”を作ることでした。

現在のElectronic Dance MusicのDJシーンにおいて、オリジナルの楽曲は必要不可欠となっています。DJ Mag Top 100DJs (リスナーからの投票、実績、活動を元に算出されるDJの世界番付)のトップに位置する世界的に著名なDJの全ては、自身の楽曲によりその地位を確かなものとしています。

そんな現実の中、当スクール関係者のある者は世界各国を実際に周り日本人クリエイターに足りない物を痛感しながらも、各国で結果を残しコネクションを作り上げ、またある者は世界のトップレーベルのエンジニアとのパイプの構築に成功し徐々にサポートを得て行きました。

その世界を目指した私達の点と点がついにここに一つの線に繋がったのです。

SUPPORT

世界トップDJ Davolのサポート

         

Armada Music、FLAMINGO、HYSTERIA、2DCH、BIG&DIRTY、ZEROTHREE、PANDAFUNK、TURNITUP、MEZSEDUPなどの主要レーベルからリリースし、私達のスクール関係者のミキシング、マスタリング、アレンジをサポートしてくれる
”Davol”はMartin Garrix,David guetta,Axwell&Ingrosso,Afrojack,Fedde Le Grand,Swanky Tunesなど、世界中のトップアーティストから楽曲をサポートされています。
詳細はこちらAbout Davol’s SUPPORT
この強力なサポートを後押しに世界に通用する日本人トラックメイカーの輩出を最大の目標に私達関係者は一段となって運営して 行きたいと思います。

Support logo Support logo

CURRICULUM

受講にはPC(Mac)とLogic Proが必要となります。
音楽理論やPCの知識は一切必要ありません。
カリキュラムセクションイメージ

初めての制作からプロモーションのサポートまで!

上記初級クラスを卒業後、希望者はプロダクションサポートクラスを受講可能。 作成した楽曲を実戦で使えるレベルにアレンジサポートを行うコースです。
※楽曲を世界的なエンジニアへ送り、アレンジアドバイスやミックス&マスタリングを 行うサポートをします。

世界的なエンジニアについての詳細は
サポートページにてご覧ください

また海外アーティストへのプロモーションの仕方や レーベルへのデモ送信のコツ、自己プロモーションの仕方などをレクチャー致します。

海外音楽探求ツアー

7泊8日ダンスミュージックの
本場で本物を体験

希望生徒と講師&関係者がダンスミュージックの本場に行き
実際の海外の音楽制作現場やCLUBやフェスに行き本物の空気に触れて
世界に通用するトラック制作の実現を目指します。
世界を実際の現地で体感することの重要さを私達は伝えたいです。

  • クラブツアー
  • フェス体験
  • 海外生活体験
  • 音楽制作見学
  • 文化交流

PRICE

DJスクール生徒Ⅲ FAITHS DJ SCHOOL
¥268,000(税別途)48回分の授業/1回55分
一般生徒GENERAL
¥298,000(税別途)48回分の授業/1回55分
※分割払いも可能です。
クレジットカードでのお支払い / 銀行自動引き落としによる分割払い
今までの日本に無かった、
本当に世界に挑む為のスクール

多くの専門学校では、音楽理論やキーボード演習など、細分化されたカリキュラムを用意するケースが多いため、
数百万円という学費が発生します。
私達のレッスンは、
”ElectronicMusicをスピーディに制作する”という1つの目的に特化したレッスンをご用意し低価格の
レッスン料金を実現しています。また世界水準のエンジニアとのコネクションを実現し、最先端の音楽制作情報を共有する
今までの日本に無いスタイルの音楽制作スクールと言っても過言ではありません。

技術だけではなく本場を体験すること!!

世界と日本との差を考えた時に技術だけでは到達できない大きな壁があります。
費用が浮いたお金で私達と本場を体験すること!!
それが世界への本当の近道です。私達と共に本気で世界を狙いましょう。

Q&A

Question.1

世界に通用するには高額なスタジオ環境が必要なのではないですか?

Question1

パソコン1台からスタートできる
のが現代の楽曲制作です。

いいえ、現代のElectronic Dance Musicの楽曲制作には、もはや高価なスタジオ環境は必須では無いと断言します。
Axtone Recordsなどの著名なレーベルから楽曲をリリースしているWill Kは、それまでスタジオモニターで制作をしたことはなく、
全てはラップトップとヘッドホンだけで完成させたと言い切っています。
彼だけでなく、多くの著名なプロデューサーが自分の部屋からキャリアをスタートさせ、スーパースターに登り詰めています。

Question.2

今まで楽器を弾いたことも無いのですが音楽は作れますか?

Question2

現代の最先端の制作知識を知る
ことで音楽制作は行えていきます。

もちろん、楽器が演奏できることは制作をスムーズに進める為の手助けになります。
しかし、それらが無くてもDAWの操作方法と現代の最先端の制作知識を知ることで音楽制作は行えていきます。
もっとも重要なのは”イマジネーションでDance Musicを作ること”それを忘れないで下さい。

Question.3

学校で習った音楽の知識すら
忘れているのですが大丈夫ですか?

Question3

学校で習った知識よりも、
優れた楽曲をまねることです。

はい。音楽制作のスキルを成長させる最も重要なコツの一つは、優れた楽曲を真似ることです。
理論的に理解していなくても、優れた楽曲をコピーしていくことで、制作のスキルは日増しに向上します。
Electronic Dance Musicの魅力的な特徴の一つである”自由性”は、音楽理論に頼るような作風では無いと言えるでしょう。

ABOUT US

スクール所在地マップ画像

SCHOOL MAPS スクール所在地

〒150-0044
東京都渋谷区円山町5-4道玄坂ビルB1
JR渋谷駅ハチ公口より徒歩10分
Google Maps

入学前に1時間の無料体験レッスンを受けることが出来ます。
下記を記入して送信してください。3日以内にご連絡をいたします。

無料体験可能時間 火〜日 15:00〜21:00 (月曜日定休日)

※只今、サーバーが混み合っているため、正常にメールが届かないケースが起きております。
お申込みから3日経ってもご連絡がない場合、大変お手数をお掛け致しますが下記連絡先までご連絡ください。
電話:03-4296-7243 
メール:3faithsmpc@gmail.com

※弊社からお送りするメールが迷惑メール扱いになり、
無料体験予約やお問合せなどのご連絡が届かないケースがあります。
迷惑メール扱いや、受信拒否にならないよう、メール振り分け設定、迷惑メールフィルター等のご確認や、
連絡先アドレス帳等へのご登録をお願いいたします。
弊社のメールアドレスは 3faithsmpc@gmail.com です。
体験レッスン申込バナー
LINEお問い合わせ 電話お問い合わせ